≪ 2017 10                                                2017 12 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -

どうも☆


いつも当ブログをご覧頂き、誠にありがとうございま~す!!*^0^*


さてさて、、、


今回は、マレーシア・シパダンツアーのツアー報告、


最終話をお送りしたいとも思いま~す☆^-^☆



【ありがとう!そして・・・】


1月8日。ツアー6日目。SWV滞在最終日である。ゆっくりのんびり8時頃に起床でもよかったのだが、連日の早起きに目が覚めてしまい、何となく6時過ぎに起床。ウッドデッキのテラスに出てみると、空が薄っすら色づいてきた。変わりゆく空をぼんやり眺めながら、遥か彼方の水平線から上がる朝日を待った。・・・と、気が付けば、輝きを放つ太陽の光に包まれ、ふと我に返り、『ここで迎える最後の朝だ・・・』と、小声で呟く。。。 空は雲ひとつないほどの快晴☆ ある程度帰りの身支度をして、朝食へ。レストランからの見慣れた風景が、いつも以上に輝いて見える。食事は早々に済んだが、思い出に浸るかのように、皆でぼんやり海を眺めていた・・・。レストランの横には、売店のようなミニマートがあり、そこではお土産も売っている。今まで書かなかったが、ここには毎日のように通った。※まぁ、他に行く所もないので・・・^^; 色々なものが売っていたが、私はここでTシャツをしこたま買い込んだ☆^^☆ 毎日通っていたので、ミニマートで働くお姉さんとも仲良くなった。色々話すようになり、最終日のこの日、せっかくなんでマレーシア語を教わった♪^^☆ いくつか教えてもらったが、中でも面白かったのは、マレーシア語で『愛』という単語は、『チンタ』というらしい!お姉さんに、『俺の名前、シンタって言うんだよ(笑)』というと、『そーなんだ!私の名前はアイっていうんだよ♪』と、まさかの返し☆^^; ≪95へぇ~≫くらいの奇跡的なパスが通り、世界は繋がってるんだな~と、改めて実感☆^-^☆ この地での再会を約束し、ミニマートを後にする私でありました・・・♪^^* 

IMG_1213_convert_20120125214201.jpg IMG_1211_convert_20120125214032.jpg

時間は11時。とうとうSWVともおさらばする時が・・・。その前に、SWVを象徴する大きなドラの前で、G夫妻を交えて記念撮影!ホントにありがとうございました☆ いつかまた、どこかでお会いしましょう!!!☆^0^☆ ・・・と、挨拶を交わすも、この後の成田空港までの帰路も、ずっと一緒だったんですけどね。^^; そして、SWVスタッフの皆さんに見送られてボートは出発。小さくなっていくSWVを、いつまでもいつまでも眺めていました・・・☆★☆

IMG_1212_convert_20120125213901.jpg IMG_1219_convert_20120125213222.jpg



で、、、



なんやかんやで、、、



1月9日の朝7時。成田空港到着・・・。



とくに笑えるアクシデントも無かったので、割愛・・・♪*^^*



シパダンツアー、全日程無事に終了で~す!!!☆^0^☆



ありがとうございました~!!!*^-^*






・・・さて、


全6回でお送りしましたシパダンツアー報告、


如何だったでしょうか??^-^☆


ご意見やご感想、ご質問などがありましたらお寄せください!


最後までお読み頂き、誠にありがとうございました♪^-^☆


その1から読んでみる⇒⇒⇒http://diverx.blog80.fc2.com/blog-entry-874.html


スポンサーサイト

どうも☆


いつも当ブログをご覧頂き、誠にありがとうございま~す!!*^0^*


今回は、マレーシア・シパダンツアーのツアー報告パート5を・・・



懲りもせず、お送りしたいと思います・・・☆^-^;



【感動再び!今回はマクロも☆】


1月7日。ツアー5日目。まだ日も上がらぬ朝4時の起床。このツアー4回目の4時起きだが、早起きも慣れたものだ。2日連続のシパダンダイブに胸が高鳴る。・・・ただ、1つ残念なのは、この日の天気。朝から雨模様。++; まぁ、こればかりは仕方がない。いつか止むだろうと楽観的に考え、サービスへ向かう。・・・前に書いたが、コタキナバルで知り合ったG夫妻の話。今のところ、毎ダイブを私達と共にしている。もちろん、この日も同じスケジュールで同じボートでのダイビングだ。『おはようございます!今日は寒いですけど、シパダン楽しみですね~♪』と、いかにも優しそうで少し腰の低い旦那さんが、笑顔で挨拶してくれた。このGご夫婦、年齢は40~50といった感じだが、まるで付き合いたてのカップルのように仲が良く、2人でコソコソ話をしては笑い合っている♪ そんな2人の姿をみて、『いい夫婦だな~☆』って思ったのは私だけではなかった。。。^^; さてさて、今日のガイドはジミーさん。一見強面、しいて言うなら≪笑顔が無い、真っ黒に日焼けをした上島竜兵≫って感じ。でも後々分かったことは、意外に気さくな人だったということ☆^^☆ その竜ちゃんからブリーフィングを聞き、5時半にシパダン島へ向けて出発したわけであります・・・♪ 6時過ぎにシパダン島へ到着。前日同様、シパダン島に一度上陸して受付を済ませ、1本目のポイントへ移動。今日も始まるシパダンダイブ☆ 何が出るかなっ♪何が出るかなっっ♪^0^☆ ・・・1本目。エントリーすると、元気なカンムリブダイが、今日も列をなして私達をどんどん追い抜いていく。スピードとしなやかさは、まるで出勤前のサラリーマンとでもいった感じ。そんな中、サンゴ礁に目を向けると、今日も厳つい顔したカンムリブダイの大群に遭遇!!『・・・昨日も見たし、今日見てもそんなにテンション上がらないと思うよ~?』なんてことを話していたメンバーさんだったが、いざ大群を目の当たりにすると、一心不乱に写真を撮りまくっていた・・・^0^; おまけに大群バックにピースサインで記念撮影・・・。・・・って、めっちゃテンション上がってるやん!!!☆><☆ そして最後のほうには、前日よりも大きな大群のバラクーダに遭遇☆こちらでも、皆さん写真を撮りまくっていたのは言うまでもありませんね・・・♪^-^;

DSC01107_convert_20120120111231.jpg IMG_1028_convert_20120124120921.jpg IMG_1033_convert_20120124121035.jpg

1本目が終了し、シパダン島で朝食タイム☆ しかし、相変わらず雨が降り続いている。『天気が良かったら海を見ながら食べるのにな~』なんて贅沢なことを考えながら、コーヒー片手にパンを頂いた。・・・しばらくすると、1人の日本人男性が話しかけてきた。『おはよう!どう?何か見れた??』その男性は、年齢40~50くらい。背が高く、顔は芸人の加藤浩次に激似♪※なので、私達の間では勝手に加藤さんと呼んでいた(笑) 彼とは、行きのコタキナバルで同じホテルに泊まり、センポルナ港まで一緒だったので、少し話したことがあった。宿泊はSWVではなかったようなのだが、よくよく話を聞くと、彼の泊まっているリゾートやダイビングボートには日本人が1人もおらず、かなり寂しい思いをしていたようだった・・・^^; 『いや~!完全アウェイ状態だから困ったよ~!ブハハッ!※加藤浩次風にアレンジ』と、まぁ、大して話も盛り上がらず、当たり前だがそんなに話も面白くなかったので、(失礼すぎるわっ!) 気にせず次のダイブに備えるわけでありました・・・☆^^☆

IMG_1048_convert_20120124121543.jpg IMG_1043_convert_20120124121150.jpg IMG_1045_convert_20120124121250.jpg

さてさて、2本目。このダイブで、なんとメンバーのNさんが500本記念というメモリアルダイブ☆^0^☆ そして、マクロ好きのNさんたっての希望でマクロ生物が見たいと、≪竜ちゃんこと≫ジミーさんに直談判!・・・すると、『500本!?そりゃスゲエや!マクロ生物なら俺にまかしときなっ♪』・・・と、言わんばかりに(言ってないんかいっ!)笑顔で『OK!』とだけ言ってくれました。。。^^; ・・・エントリーすると、相変わらずカメとホワイトチップが気持ちよく寝ているのが見てとれる。でも、『大物狙いのシパダンで、果たしてマクロ生物なんか紹介してくれるのかな・・・』と、一抹の不安が過ぎったが、ここからジミーさんの凄さを知ることとなる☆ シパダンのダイビングは全てドリフト。流されながら魚を見るのだが、そんな中、ジミーさんはマクロ生物をバンバン見つけて紹介してくれる!ニチリンダテハゼ、クダゴンベ、アカシマシラヒゲエビ、サクラクシオリエビ、ハダカハオコゼ、などなど・・・☆ 思わぬマクロ鑑賞会に、Nさん大喜び!^0^☆ 本人的にはこのツアーで一番興奮したそうです♪良かったですね☆^-^☆ 500本おめでとうございま~す!!*^^*

P1070369_convert_20120124115936.jpg P1070372_convert_20120124120115.jpg P1070396_convert_20120124120247.jpg P1070399_convert_20120124120431.jpg

シパダン休憩後、3本目。このツアー最後のボートダイブです。エントリー前、ボートが浅瀬に近づくとジミーさんが、『見てごらん!ギンガメがいっぱいいるよ♪』というので、誰よりも早くエントリー!・・・すると、水深1mくらいの浅瀬にギンガメアジの大群がわんさかいるではありませんか!?☆^0^☆ ビデオ撮影をしていた私は、そのギンガメの群集にアタック!撮影をしながら突っ込んでみました~♪^^* しかし、『左右分かれるように逃げてくれるだろう』という私の甘い考えは、シパダンのギンガメには通用せず。。。++; 突っ込んではみたものの、ギンガメは逃げるどころか私の周囲を取り囲み、360℃がギンガメ状態に!!>< 泳ぎ回るギンガメに方向感覚を見失い、正直ちょっと怖かった・・・。^^; 『な、なかなかやるやん!てか全然焦ってないし~!怖がってないし~!!』・・・と、強がってみせたのがギンガメに届いたかどうか。。。^^; ・・・さてさて、このシパダンでは数多くのカメを見てきたが、最後にごっついカメを発見!! カメがごっついというか、カメにへばり付いているコバンザメが、甘やかされて育った子供のように丸々太っていて、思わず爆笑!※写真参照 コバンザメの生命力を感じました☆^^☆ ・・・引き続き、マクロリクエストは続行していたようで、ジミーさんはアケボノハゼも見せてくれました♪ 皆さん、これでもかってくらいに噛り付いて写真を撮ってましたね☆ ※とくにNさん。☆^0^; ・・・そんなこんなで、楽しかったシパダンダイブが無事に終了!結局、雨が上がることが無かったが、数々の素晴らしい体験に感動☆ 心は晴れやかにSWVに戻るわけでありました~♪^-^☆ 

IMG_1063_convert_20120124121724.jpg IMG_1072_convert_20120124121839.jpg IMG_1099_convert_20120124122020.jpg IMG_1121_convert_20120124122151.jpg

SWVに到着すると天気は回復!今がチャンス♪ということで、Nさんの500本記念撮影会!一緒に潜ったメンバーさんとガイドさんも交えての記念撮影でした☆ 皆さん、ありがとうございました~!!!*^0^*

IMG_1138_convert_20120124122522.jpg

・・・楽しかったツアーもいよいよ最終ダイブ。ここまで、3日半で13ダイブ。次で14ダイブ目となります。思い残すことなく、最後のダイブをビーチダイブで締め括りたいと思います☆^^☆ エントリー口の桟橋の下には、相変わらずツバメウオの幼魚とヘコアユの群れ。そして、トウアカクマノミにアオリイカの群れ。ホバリングするバラクーダ。カエルアンコウ。寝そべるカメ・・・。まだまだ潜っていたい・・・。この4日間、この地で過ごし、この地で潜り、出会った人々、出会った魚たちが、走馬灯のように思い出される。最後のダイブ、潜水時間は60分で終了。ビーチもボートも最高でした☆ 感謝☆感謝♪ ありがとうございました!!!*^0^*

IMG_1143_convert_20120124122642.jpg IMG_1194_convert_20120124123205.jpg IMG_1178_convert_20120124123054.jpg IMG_1170_convert_20120124122931.jpg

・・・最後の晩餐。G夫妻も交えて、4日間の思い出話☆ ほんとに仲良くさせて頂きました♪^-^☆ またどこかでお会いできたらいいですね!^^☆ ・・・昼間の雨が嘘のように、夜空には満天の星が輝いて・・・。いつかまた、この地で、この海を、この星空を、見れたらいいな・・・☆^^☆ 

・・・明日はSWVを出発。1日かけて、日本に帰国します。。。^^;


最終話へ⇒⇒⇒http://diverx.blog80.fc2.com/blog-entry-879.html


どうも☆


いつもブログをご覧頂き、誠にありがとうございま~す!!*^0^*


今回は引き続き、


マレーシア・シパダンツアー報告のパート4をお送りしたいと思います~☆^-^☆



【シパダンは大物のオンパレード♪】


1月6日。ツアー4日目。まだ日も上がらぬ朝4時の起床。このツアー3回目の4時起きだが、今までの早起きとは気分を全然違う。何故なら、待ちに待ったシパダン島でのダイブ予定だからだ。近年、環境保護を目的にシパダン島への上陸や周辺でのダイビングが規制されている。十数年前まではシパダン島にも宿泊施設があったらしいが、今は島内に入ることすら規制されている。なので、今やシパダンダイブは行けば必ず潜れるといった場所ではなくなり、マブールやカパライに3、4日滞在して1回行けるチャンスが回ってくるかどうかというほど貴重になっている。まぁ、その分マブールやカパライでは味わえない素晴らしいダイブが待っているというわけだ・・・☆ 前置きはさておき、5時前にサービスへ行き準備をし、ボートに乗っている器材を確認。本日ガイドをしてくれるのはサンドラ。小柄で笑顔が素敵な女性だ。簡単なブリーフィングをして、5時半、シパダン島へ出発! ・・・シパダン島まではボートで30分ほど。薄っすら明るくなってきたが、見上げれば綺麗な星空が見てとれる。6時にシパダン島に上陸。桟橋近くの小屋で受付を済ませ、シパダン島近くのポイントへ移動。いよいよシパダンダイブのスタートである♪^-^☆ 1本目。エントリーしてすぐのところにギンガメアジの群れを発見。『えっ、いきなりですか!?』という感じで意表をつかれ、一気にテンションが上がる。そして、ゆっくりドリフトで流されていくのだが、それを追い越すように泳いでいくカンムリブダイ。そう、1本目のお目当ては、このカンムリブダイ☆ そのカンムリブダイが見えるたびに、タンクを叩いて教えてくれるガイドのサンドラ。ただ、始めは良かったが、カンムリブダイの数が多くなるたびに多くなるタンクを叩く音。・・・後半、ちょっとしんどかった・・・(コラコラッ) 冗談はさておき、まだ朝も早いせいか、寝ているカメを何匹か見ることができた。シパダンでは、カメは必ずと言っていいほど見ることができ、1ダイブで10匹ぐらい見ることもあった。カメだけではなく、ホワイトチップシャークも同様だ。ナポレオンフィッシュやケショウフグなどをゆっくり観察し、1本目は終了・・・☆

IMG_0738_convert_20120122125529.jpg IMG_0773_convert_20120122132438.jpg IMG_0781_convert_20120122132603.jpg IMG_0953_convert_20120122133441.jpg

休憩の為、再度シパダン島へ上陸。屋根付きのテラスで朝食を取ることに。スタッフが準備してくれたパンやおかず、フルーツなどを自由に取って食べる。しばらくすると、ダイビングを終えた別のグループやショップが集まってきて、6人掛けのテーブルが6つあるスペースに、50人ほどのダイバーやスタッフが集まりてんやわんや状態・・・++; ただ、誰が文句を言うわけでもなく、譲り合いの精神がここでは自然のこと。幸いにも、私達のグループはスタートが早かったので、朝食を早々に済ませ、2本目に向かうのでありました・・・♪


時計を見ると、時間はまだ8時半。だが、当たり前のように2本目がスタート。^^; 魚も凄いが、シパダンのサンゴ礁は見事だ☆今まで見てきたサンゴ礁の中でも1、2位を争うほど素晴らしい♪ そんなサンゴ礁には小魚が集まり、ロクセンヤッコやカスミアジ、ロウニンアジなどの中型の魚も集まってくる。カンムリブダイも相変わらず元気に泳いでいる。が、進んでいくと、サンゴ礁の上を先ほど見たカンムリブダイとは似ても似つかない、大きなカンムリブダイの群れに遭遇!別名を《バッファローフィッシュ》とも言われるように、まるで牛の大群がゆっくり移動しているかのようだ。まさに、シパダンの牛追い祭り☆^0^☆ これだけの大群が見られる場所は、世界でも珍しいらしい!近くに寄っても全く逃げない。厳つい顔の《ブサカッコイイ》そんなバッファローに、しばし見惚れていた一同でした・・・☆ *4枚目の写真はケショウフグのペアです

IMG_0853_convert_20120122133238.jpg IMG_0834_convert_20120122132719.jpg IMG_0836_convert_20120122132817.jpg IMG_0863_convert_20120122132925.jpg

休憩の為、またまたシパダン島へ上陸し、1時間ほどで3本目に出発。時間は10時半、3本目はバラクーダポイントらしい。お伝えし忘れていたが、今日の気温は30℃、水温は変わらず29℃。曇っていたせいか、少し肌寒い気がしたが、水中は変わらず温かい☆ 透明度も20~25mと、やはりマブールやカパライとは見え方が違う♪ ・・・水中を進んでいくと、相変わらずカメが寝ていたり、ホワイトチップが寝ていたり・・・。そんな中、ついにその時が・・・。始めは、何かとてつもなく大きな黒い塊が近づいてくることは分かったが、正体は分からず。ゆっくり近づいて見てみると、まるでそそり立つ壁のようなバラクーダの大群!!まるで、ゆっくり流れる大河の如く、我々の目の前を通過していく。圧倒されるとは、まさにこのこと☆ 時間いっぱいまで楽しませてもらいました~♪^^☆ *バラクーダの群れをバックにイソマグロを激写!

IMG_0921_convert_20120122133025.jpg IMG_0941_convert_20120122133124.jpg IMG_0954_convert_20120122133537.jpg

・・・夢のようなシパダンダイブを終え、SWVに帰ってきたのは12時過ぎ。午前中に3本が終わってしまうという計画になかった嬉しい誤算☆^^☆ 着替えを済ませ、午後のビーチダイブに備え、昼食と取ってしばしの休憩♪ ・・・時間は午後2時。休憩十分気合十分!!今日は時間もたっぷりあるし、エアがもつ限り潜ったるで~ぇ!!☆^0^☆ というわけで、潜水計画はパラダイスⅠ~パラダイスⅡを網羅する贅沢コース♪まずはパラダイスⅠにある小型ボートまで行っていると、ボートの横で大きなカメが立つように寝ているではありませんか!?^^☆ そして、ボートの上にはバラクーダがホバリング!いきなり恰好の被写体が見つかり、写真を撮りまくるメンバー♪・・・ひとしきり写真を撮り終え、次の漁礁へ移動。すると、そこには大きなコブシメが2匹☆ なんと、メスが産卵中で、オスはそれを見守るようにホバリング!目の前に行っても全然逃げないコブシメ。^^; 結局、ここでも10分以上写真を撮ってました。。。^-^; さてさて、お次の漁礁は・・・?? ここにも大きなカメが寝ていて、邪魔しないように周辺を散策。すると、黄色のカエルアンコウと黒のカエルアンコウを発見!!ウミウシも発見し、案の定ここの場所でも10分以上写真を撮っていたような。^^; ・・・と、気付けばパラダイスⅠだけで潜水時間は55分!(笑) メンバーさんの残圧もまだまだ残っていたので、焦ることなくパラダイスⅡへ☆ ここにもコブシメが単体でいて、他にもモンハナシャコやカクレクマノミ、カミソリウオなどを確認。お目当てのテグリさんにはまたもや会えず。。。++; ・・・結局、トータルの潜水時間は95分♪^^; いや~満足満足☆^0^☆ 朝も早かったので、この後のダイブを行わず、4時には終了。片付けや着替えを終え、時間は夕方6時。夕食に向かう前にホワイトボードで翌日のスケジュールを確認。。。すると、、、えっ!シパダン!? な、なんと!奇跡の2日連続シパダンダイブでございます!!☆^0^☆ と、いうことは、またもや4時起き。^^; そうと決まったら行動は早いもんです。夕食を済ませ、部屋に戻り、早めの就寝となりました・・・☆

IMG_1002_convert_20120122133645.jpg DSC01175_convert_20120120111557.jpg DSC01278_convert_20120120112123.jpg

DSC01286_convert_20120120112323.jpg P1060322_convert_20120122134642.jpg P1060331_convert_20120122134809.jpg P1060345_convert_20120122134957.jpg

その5へ⇒⇒⇒http://diverx.blog80.fc2.com/blog-entry-878.html

どうも☆


毎度毎度ワクワク様でございま~す!!*^0^*


今回は、マレーシア・シパダンツアーのツアー報告パート3をお送りしたいと思います~☆^-^☆



【生物の宝庫・マブール&カパライ】

P1050040_convert_20120120112628.jpg IMG_0652_convert_20120121212443.jpg

1月5日。ツアー3日目。のんびり朝7時に起床。コテージの窓をゆっくり開けると、そこには青い空と青い海、そして照りつける太陽・・・☆ 朝から最高の天気に感謝感謝!^-^☆ 長旅をしてまで来た甲斐があった♪・・・と、改めて実感☆ コテージにエアコンは無いが、天井に付いているファンを回すだけで十分風が通る。暑がりの私が言うのだから間違いない。さて、朝食の時間だが、また部屋に戻ってくるのが面倒なので、ダイビングの準備をして朝食後そのままダイビングに行ける様に準備してからコテージを出る。朝食だけでなく、食事は全てビュッフェスタイル。内容は、だいたいサラダが4~5種類、おかずになりそうな炒め物系が5~6種類。あとパン数種類に白飯、デザートも3、4種類と、食事で困ることは全く無く、どれも美味しかった♪*個人的にはコールスローにハマッてしまったが、レーズンが入っていて毎回レーズンだけ除けていた・・・^^; おっと、話を戻しましょう。朝食後、ダイビングサービスへ。自分の準備をして、今日乗船するボートに自分の器材が乗っているかを確認。(BCとレギュはセットしてある)今日のガイドはVITさん。黒ぶちメガネが似合う見るからに日本人ぽい顔立ちのお兄さんだ。ブリーフィングをして8時半、いよいよ出発!レッツゴー!!☆^0^☆ 1本目はカパライのハウスリーフ。本日の気温は33℃。水温は29℃。透明度は15mくらいかな。水中には色んな形の漁礁があり、ヨスジフエダイの群れやアカヒメジの群れが凄いことになっている。また、マクロ生物を探して泳いでいるとウミウシが出てくる出てくる・・・♪ さらに真っ黒のオオモンカエルアンコウを発見!マクロと言っても成人男性の握りこぶしくらいあるけどね。^^; 砂地にはジョーフィッシュなども見ることができ、1本目から潜水時間50分のガッツリダイブでした・・・☆

P1050048_convert_20120120112748.jpg DSC00968_convert_20120120110639.jpg P1050135_convert_20120121211036.jpg

2本目のポイントはシーベンチャー。SWVの沖合いにあって、その昔は石油掘削施設だったらしいが、現在はダイビング用に変わっていて宿泊もできるらしい。透明度は相変わらずだが、人工的に沈められた漁礁には多くの魚が群れている。ツバメウオの幼魚と成魚、黒とオレンジのカエルアンコウ、さらにウミウシも数多く・・・☆ そして、シーベンチャーの真下に差し掛かったとき、物凄い大きな魚のシルエットが・・・!おそらくタマカイ(ジャイアントグルーパー)ではないかと思うが、大きさは1m以上あったと思う・・・++; と、このダイブでメンバーのTさんがめでたく50本を迎えられ、水中で記念撮影☆サービスに戻ってからSWV専用の記念ダイブ用横断幕を貸してもらい、そのへんにいた方まで巻き込んでの記念撮影♪Tさん、おめでとうございま~す!!!☆^0^☆

DSC01032_convert_20120120110831.jpg IMG_0679_convert_20120121212626.jpg P1050219_convert_20120121211809.jpg


3本目はマブール島周辺。エントリーしてすぐにギンガメアジの大群に遭遇!すぐにどこかに消えてしまったが、漁礁の中に隠れて泳ぐギンガメアジの群れを発見。網目状の漁礁の中をグルグルと旋回!見てて飽きなかった~♪^・^☆ そして別の漁礁を覗くと、1m級のタマカイ(ジャイアントグルーパー)がいるではありませんか!? コバンザメを随えて見事にホバリング☆ さらに別の漁礁に上には、これまた1m級のバラクーダがいるではありませんか!? これまた見事な出で立ち♪ 小物もいっぱい居ましたが、このダイブはこの3種だったかな~☆^-^☆

IMG_0713_convert_20120121212938.jpg IMG_0704_convert_20120121212841.jpg IMG_0723_convert_20120121213043.jpg

4本目はビーチダイビング。今日はパラダイスⅡのほうに行ってみました。お目当てはニシキテグリ☆私が一番好きな魚でございます♪^-^☆ 真っ黒に日焼けしたスパインチークアネモネフィッシュやゴールデンイールモレイなどは居ましたが、テグリさんは見付からず・・・++; ナイトダイブも検討しましたが、今日はここまで。ダイビング終了後、ホワイトボードを確認すると・・・、明日はシパダン3ダイブ!!!*^0^* 大物狙いの1日になりそうな予感♪期待に胸膨らませて本日のダイビングは終了~☆ 明日は朝5時過ぎにボートが出発するので、それに備え準備万端、しっかり睡眠をとる私達でありました・・・☆^-^☆

P1050252_convert_20120121212144.jpg P1050121_convert_20120121210900.jpg P1050248_convert_20120121211959.jpg

P1050188_convert_20120121211333.jpg P1050194_convert_20120121211504.jpg P1050202_convert_20120121211625.jpg

その4へ⇒⇒⇒http://diverx.blog80.fc2.com/blog-entry-877.html


どうも☆


毎度毎度ワクワク様でございま~す!!*^0^*


今回は、年始の1月3日から9日でありました《マレーシア・シパダンツアー》のツアー報告(その2)をしたいと思います~☆^-^☆



【目指せシパダン。旅は続く・・・】


1月4日。マレーシア・コタキナバルのホテルからツアー2日目はスタート。時間は朝の4時。睡眠時間は短いが、しっかり横になって寝れたので熟睡できた感じがする。5時にフロント前のレストランで軽く朝食。5時半にホテルを出発し、コタキナバル空港へ。空港に着くと現地スタッフの人がチェックインを手伝ってくれて助かった。今日最初に目指すはタワウ空港。飛行機で50分ほどだ。前日のフライト時間に比べたらなんてことない♪^^; さて、国内線乗り場へと移動したいのだが・・・、ん?、どこだ??場所がイマイチ分からない。++; 早朝なので空港職員らしき人も見当たらず。。。と、途方に暮れていると、《海外旅行ならお手の物♪》的な雰囲気を醸し出している日本人夫婦を発見!『タワウ行きってどこか分かります?』と聞くと、『あっ、私達もタワウ行きなんですよ~!』とのこと。ラッキー♪このご夫婦について行けば間違いない!^^☆ と、後ろからついて行くと・・・、ん?乗り場どころか、何もないところへ出てきたぞ?++; 恐る恐る『あの~、ここですか?』と聞くと、『明らかにここじゃないですよね?あなた達が後ろからついてくるもんだから、こっちで合ってるのかと思ってました(苦笑)』と、まさかのお互い任せ!^^; こんなこともあり、ご夫婦とは意気投合☆ そして、このあと分かったことだが、このご夫婦(Gさん)とは、泊まるリゾート・ダイビング・成田までの帰りの便やスケジュールが全て一緒だったことが判明♪ ツアー中、とっても仲良くさせていただきました☆^-^☆ ・・・話は逸れましたが、何とかタワウ行きの便に乗れて、無事にタワウに到着。シパダンまであと少し・・・。


タワウ空港から今度はバスで移動。陸路を約1時間。目指すは港町のセンポルナ港。中型の観光バスみたいなので移動するのだが、道中、『ここは高速道路ですか!?』っていうくらいに飛ばす。もちろん走るのは一般道。山道というか、田園風景?が広がる道を時速100キロ以上の速度でグイグイ飛ばす。追い越しは当たり前。日本の《送迎バス》のイメージで乗ってしまうとある意味危険かも・・・^^; そんなスリルの中、案の定一睡も出来ず・・・(メンバーさんたちは爆睡していたが)、何とかセンポルナ港に無事に到着。そのセンポルナ港からスピードボートに乗り換えて、いよいよ目指すは≪シパダン・ウォーター・ビレッジ≫☆


【ついに到着!楽園(パラダイス)へ☆】


センポルナ港を出発して約30分。日本を出発して、実に1日半。長かった往路に終止符が・・・☆ ついにリゾートへ到着しました~!!*^0^* 今回お世話になる≪シパダン・ウォーター・ビレッジ≫*略してSWVは、宿泊は全て水上コテージ♪ダイビングも勿論楽しみですが、水上コテージも楽しみの一つです!さて、リゾートへ上陸するとスタッフがお出迎え☆ いや~、長旅の疲れがぶっ飛んだ瞬間ですね!レセプションで簡単な施設説明と注意事項を聞き、ダイビングに備えて一度部屋で着替えてから昼食へ。今回、SWVにいる4日間の全食事が付いているので安心☆ 食事も美味しかったし、スタッフの皆さんも親切でした~☆^-^☆

P1040012_convert_20120120102651.jpg IMG_0643_convert_20120120102348.jpg P1050040_convert_20120120112628.jpg 


【SWVでのダイビングについて】


SWVにはダイビングショップが併設してあって、ショップ自体も水上にある感じ。準備をしてショップ内で待っていると、現地ダイブスタッフからまずは施設説明。滞在中、個人別に決められたロッカーが2つあり、1つはBCとレギュ専用。もう1つにはその他器材用。(2日目以降、BCとレギュはダイビング前にスタッフがセッティングしといてくれる☆) そして、大きなホワイトボードがあり、そこには、①行き先(マブール&カパライorシパダン)、②ガイドさんの名前、③ボートの名前、④メンバー などが書いてあるので、まずは自分の名前を探し、行き先やボートを確認する。翌日のスケジュールはその日の夕方5時くらいに更新されるので、確認が必要だ。ショップではバスタオルが1日につき1枚無料でレンタルすることができ、お茶やコーヒーや水なども自由に飲めるので、あえて準備する必要は無い。更衣室という名前のものは無いのだが、温水シャワー付きのトイレが4つあるので、そこを利用することになる。ダイビングは基本1日3ボートダイブだが、ショップ前にはビーチポイントが2つあり、朝6時から夕方6時までの時間であれば、自由にセルフダイビングができる。なので、元気があれば朝1ビーチ、3ボートから帰ってきてから、また1ビーチ・・・って感じでガッツリ潜ることができる。ちなみに、夕方6時以降のダイビングは別途費用が掛かる。


【いよいよ、ダイビングのスタート】


待ちに待ったダイビング!・・・だが、ボートダイブに行く前に、目の前のビーチポイントで全員チェックダイブを受ける。内容はマスククリアとレギュクリアの2つなので、身構える必要はない。まぁ、私はイントラということで免除だったけどね♪^-^☆ だけど、メンバーさんはドキドキだったみたい。^^; チェックダイブは10分くらいで終了。タンクを新しいのに換えて、いざボートダイブへ☆ ポイントはボートで5分ほどのマブール島周辺。ていうか、SWV自体、シパダンと名前が付いているが、マブール島にあるんだけどね~。気温は30℃、水温29℃。マブール島があるセレベス海域の透明度は15m前後とそんなに良い訳ではないが、それはプランクトンが豊富な証拠☆^-^☆ プランクトンが豊富ということは、魚が豊富ということなんですよ♪^0^☆ 最大水深は15mほど。潜水時間45分。ピグミーやウミウシなど、マクロ生物中心にのんびりフィッシュウォッチングを楽しみました~♪^^。

P1040024_convert_20120120103431.jpg P1040063_convert_20120120103755.jpg P1040029_convert_20120120103602.jpg

ボートダイブから帰ってきて1時間ほど休憩。まだまだ明るい夕方5時からビーチダイブへ出発~!*^0^* ビーチポイントは、砂地に漁礁がいくつかある《パラダイスⅠ》と、浅瀬にサンゴが広がる《パラダイスⅡ》があり、今日はパラダイスⅠに行ってみることに!^^* エントリーしてすぐの桟橋の下には、ツバメウオの幼魚とヘコアユの群れを確認!砂地ではトウアカクマノミをじっくり観察。そして漁礁にはアオリイカの大群がこれでもかっ!ってくらいいました~☆^-^☆ そんな感じで、時間ギリギリの5時55分にエキジット。いや~、満足×2☆これから毎日のようにビーチダイブをしたことは言うまでもないね♪

DSC00927_convert_20120120104030.jpg DSC00937_convert_20120120104321.jpg

明日の予定はマブール&カパライで3ボートダイブ!夕飯をガッツリ食べ(また?)、軽く飲んで、朝も早かったことだし早めの就寝・・・☆ 続く・・・♪

☆その3へ⇒⇒⇒http://diverx.blog80.fc2.com/blog-entry-876.html

ダイビング スキンダイビング スノーケリング ジュニアダイビング 子供のダイビング シュノーケリング スキューバ スクーバ 鶴間 西鶴間 下鶴間 深見 ひばりが丘 小松原 上草柳 大和 横浜国際プール 綾瀬 海老名 座間 厚木 瀬谷 さがみ野 中央林間 南林間 つきみ野 ライフスポーツ鶴間 エバーブルー 課外活動 親子でダイビング ダイビングライセンス Cカード NAUI CMAS PADI 

尾崎 慎太

Author:尾崎 慎太
NPO法人
『エバーブルージャパン』 代表理事

・NAUIダイビングインストラクター
・NAUIコアスペシャルティINST
・NAUIレスキュースペシャルティINST
・NCFAインストラクター
・CMAS=JEFF2スターINST
・日本体育協会認定
 スクーバダイビング指導員
・日本スノーケリング協会認定
 スノーケリングインストラクター
・(社)日本キャンプ協会
 キャンプ指導者
・(財)日本レクリエーション協会公認
 レクリエーションインストラクター
・潜水士

~人生のミッション~
『子供達が憧れる大人になり、
夢を持ち続けさせること』


-天気予報コム- -FC2-
QR