≪ 2017 08                                                2017 10 ≫
 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

どうも~☆


毎度ワクワク様でございま~す!!*^0^*


今回は、7/27~28で行きました『南伊豆・ヒリゾ浜ツアー』の


ツアー報告【後編】をしたいと思いま~す♪^^*



7/28(土)。起きたときには太陽が燦燦と照りつけていた朝6時。海の真横にある民宿から中木駐車場が見えるのだが、朝6時の時点で満員。やはり夏休みの土曜日はスゴイ。++; 朝食を済ませ、早々にチェックアウト。戦闘服(何度も言うがウェットスーツのこと)に着替え、渡し舟のところへ。8時半から船が出るのに、8時過ぎには100人以上が並ぶ大行列。。。やはり夏休みの土曜日はスゴイ!!>< その行列に並び、8時半まで待つ。・・・時間は8時半。数隻ある渡し舟が一斉に動き出し、意外とすんなり乗船することができ、一堂ヒリゾ浜へ☆ 前日以上に大賑わいのヒリゾ浜。この日も何とか空きスペースを探し、身も心も戦闘態勢に入り、海へと出発☆

・・・前日である程度コツを掴んでいたので、迷うことなく沖へ。その途中、水面付近を泳ぐアオリイカの子供を発見!《本日の目標はイカを見ること》にしていたTさんは、開始5分で目標達成☆(笑) そして沖へ。少し潮が引いていたので、前日よりも水深が若干浅くなっていたが、流れは前日以上。しかし、25m以上は見えるであろう抜群の透明度♪ 前日よりも掴みやすくなった岩に掴まりながらゆっくり水中観察☆ 今日もソラスズメダイ、キンギョハナダイの群れが気持ち良さそうに泳ぎ、今日は何と言ってもタカベの群れとイワシの群れが、まるでカーテンのように私たちの周りを泳ぎ回り、今度はそのイワシを狙って数匹のイナダがイワシの群れを追い回すシーンに遭遇!!見ていて飽きることがなく、圧巻でした・・・♪^^* 

P728024943.jpg P728025647.jpg P728029570.jpg

P728025849.jpg P728025950.jpg P728026756.jpg 

根回りを探すと、今日も極小のコールマンウミウシと、綺麗なキャラネルウミウシ☆ そしてイソギンチャクには、これまた極小のミツボシクロスズメダイ。オヤビッシャも小さかったな~☆^-^☆ 他には、チョウチョウウオ、カゴカキダイ、タカノハダイ、トラウツボなどなど。。。時計を見れば、結局2時間以上スノーケリングをしていました☆^^; 午前でスノーケリングタイムは終了~☆ 

P728027660.jpg P728028062.jpg P728029268.jpg P728030679.jpg

片付け・着替えを済ませ、中木をあとに。下田まで移動し、下田駅前にある《徳造丸》で、海の幸に舌鼓♪ ちなみに私は、徳造丸と言えばやっぱり金目の煮付けですよね~☆^0^☆ 大満足で帰路につき、無事にヒリゾ浜ツアーが終了しました♪ ご参加頂きました皆様、殿羽根のおばちゃん、そしてヒリゾ浜の海にも感謝☆ ありがとうございました~!!!*^0^*


スポンサーサイト

どうも~☆


毎度ワクワク様でございま~す!!*^0^*


今日は、7/27~28で行きました『南伊豆・ヒリゾ浜ツアー』の


ツアー報告【前編】をしたいと思いま~す♪^^*



7/27(金)。夏休みに入ってから暑さが一段と増した週末の金曜日。朝6時にセンター南駅へ。今回ご参加のメンバーさんたちと合流し、目指すは南伊豆の秘境☆ヒリゾ浜♪ そのヒリゾ浜へ渡る船が出る中木まで、予定移動時間は約5時間。長旅になること間違いなし・・・と思い、のんびり休憩を取りながら向かったものの、10時前には南伊豆の中木に到着。これは嬉しい誤算♪ 『道も空いてたし、駐車場も空いているかな♪』なんて思いきや、すでに駐車場は満員御礼。++; でも今回のツアーは中木の民宿泊なので、宿泊者用の駐車場へ車を止め、戦闘服(ウエットスーツ)に着替え、準備万端☆ いざ、ヒリゾ浜へ!! ・・・ヒリゾ浜へは渡し船に乗っていくため、乗船チケットを買う必要がある。船で2,3分のところにあるヒリゾ浜は、浜という名前から連想できるような砂浜ではなく、ゴロタ石が転がる自然豊かなところ☆(良いように言えば)。浜には何もないが、目の前に透き通るような海が広がる・・・ というわけで、ヒリゾ浜に到着。浜はすでにパラソルやテントなどで埋め尽くされていた。何とか隙間を見つけてベンチ付きのテーブルをセッティング。身も心も戦闘態勢に入り、いよいよ海へ☆ まずは浅瀬で軽くウォーミングアップ。その間もクサフグたちが目の前を通り過ぎる。少しずつ沖へ出て行くと、水深4mくらいのところから急に流れが出始める。が、そこから見違えるように一気に透明度も上がり、透明度は20m以上!流れに逆らうように、キンギョハナダイやソラスズメダイの群れが気持ち良さそうに泳いでいる☆ そんな風景を流されないように岩に掴まりながらゆっくり観察して、午前は終了♪ 

P727016801.jpg P727017103.jpg P727017603.jpg

・・・休憩中、『伊豆でこんなに魚が見られるなんて知らなかった~!』と、N村さんはテンションが上がりまくり☆ 始めかなり怖がっていただけに、めちゃ嬉しいそうでしたね!^^☆ 晴天とはいかないものの、雲の隙間からたまに見せる太陽が、潮風と相まって一同を眠気へと誘う・・・。てか寝ちゃダメ~!!><ってわけではないですが、午後に入り潮が上がってきたので、さらに期待大♪♪♪ てなわけで、午後のスノーケリングスタート!! 先ほど行った沖のポイントに行くと、流れも多少強くなっているものの、透明度もアップ☆ スズメイダイの群れにタカベの群れ、岩の頭には、可愛いカエルウオと極小のコールマンウミウシ。潜って岩の下を覗けばイセエビが顔を出している。

P727020419.jpg P727019213.jpg P7270189a14.jpg P7270218a27.jpg

皆さんもだいぶ慣れてきたみたいなので、水面で手をつないでもらい、水中から激写!!太陽の光がうまく入って、いい感じの写真になりました~♪^^* そして移動。今度は浜の近くにある大きな岩穴へ。水中から見る風景は、プチ青の洞窟?かな♪ のんびりスノーケリングを楽しみ、気がつけば1時間半も海に入っていました・・・☆^^; 初日から大満足で1日が終了!

P727022534.jpg P727022837.jpg P727022736.jpg

P727023538.jpg P727023739.jpg

今回お世話になるお宿は『殿羽根(ドンバネ)さん』。初めて泊まるところだが、女将さんのキャラが最高♪^^; 詳しく書くと長くなりそうなので、知りたい方は声をかけてください☆ 合言葉は『海のものと山のもの』です(笑) 夕食を堪能し、部屋で撮った写真を見ながらのおしゃべりタイム♪^^* 朝も早かったんで、早めの就寝となりました・・・☆^-^☆

P727024741.jpg P727024540.jpg

【後編へ】⇒⇒⇒http://diverx.blog80.fc2.com/blog-entry-1006.html


ダイビング スキンダイビング スノーケリング ジュニアダイビング 子供のダイビング シュノーケリング スキューバ スクーバ 鶴間 西鶴間 下鶴間 深見 ひばりが丘 小松原 上草柳 大和 横浜国際プール 綾瀬 海老名 座間 厚木 瀬谷 さがみ野 中央林間 南林間 つきみ野 ライフスポーツ鶴間 エバーブルー 課外活動 親子でダイビング ダイビングライセンス Cカード NAUI CMAS PADI 

尾崎 慎太

Author:尾崎 慎太
NPO法人
『エバーブルージャパン』 代表理事

・NAUIダイビングインストラクター
・NAUIコアスペシャルティINST
・NAUIレスキュースペシャルティINST
・NCFAインストラクター
・CMAS=JEFF2スターINST
・日本体育協会認定
 スクーバダイビング指導員
・日本スノーケリング協会認定
 スノーケリングインストラクター
・(社)日本キャンプ協会
 キャンプ指導者
・(財)日本レクリエーション協会公認
 レクリエーションインストラクター
・潜水士

~人生のミッション~
『子供達が憧れる大人になり、
夢を持ち続けさせること』


-天気予報コム- -FC2-
QR