≪ 2017 08                                                2017 10 ≫
 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

どうも~☆


いつもブログをご覧頂き、ありがとございま~す☆^-^☆


今回も引き続き、8/20~25で行って来ました【小笠原・父島ツアー】の


ツアー報告(その4)をお送りいたしま~す♪^^*



~感動のフィナーレ☆ありがとう小笠原♪~

8/24(金)。時間は朝6時。今日はのんびり起きるはずが、ツアー続きの身体は、どうやらこの時間に起きるようにセットされてしまったらしい。^^; 昨日の教訓を踏まえ、起きる寸前までにセットされたクーラーのオフタイマーのおかげで、この時間も部屋の中は、心地よい涼しさを保っていた。カーテンを開けると、これまでの3日間と同じ風景が広がり、このツアーで迎える最後の小笠原の朝を、ただただのんびり眺めていた・・・☆ 朝食後、荷物をまとめてチェックアウト。・・・「今回、ウミガメ見てないよね~」というメンバーの方々。そう、確かに今回はダイブ中に出会うことは無かった・・・。が、私にはお見せできる確信があった。近くのバス停からバスで10分のところにある《小笠原海洋センター》。そこには、ウミガメが飼育されていて、間近で見ることができる。と、いうわけで、海の中で見ることができなくても、ここにくれば120%見ることができるのだ。大して自慢することでもないが、皆さんにはここで納得してもらうことに☆^-^☆ 一同バスの乗り込み、小笠原海洋センターへ。・・・小笠原海洋センター内には、大きなアオウミガメから小さな子ガメまでが飼育、保護されている。多少触ることもできるのだが、驚きなのは、この海洋センター・・・・・・無料なんです!!**; 確かに有料にするほど優れた施設ではないが、それでも飼育費だとか、人件費だとかで、ぶっちゃけお金も掛かるだろう。※スタッフの女の子に聞いてみたら、大学生でボランティアで働いているとのこと。利用する側にとって、無料なのは大変嬉しいが、数百円くらいと徴収してもいいのではないか・・・と、勝手に思ってしまった。。。^^; 

P824140843.jpg P824141044.jpg P824141845.jpg P824142846.jpg


・・・いよいよ、父島に居られる時間も残りわずか。ターミナルにて乗船を待つ。そして、乗船開始。早めに並んだので、2等室でも良い場所を確保することができ、ひと安心☆^^☆ デッキに出ると、父島のいろんな人達が見送りにきており、今回お世話になったパパスのスタッフさんや大洋荘のご主人と女将さんも確認できた。はっぴを着た女性、よく見ると、それはパパスのタカミさん!^^☆ 他数名のはっぴ隊が織りなす太鼓の地鳴りが、二見港にこだまする・・・。


・・・そして、出航・・・


ターミナルの2階席で大きな旗を振る青年。そこに書かれていたのは、、、


《 いってらっしゃい! 》 


二見港を離れると、そのおがさわら丸を数隻の船が追いかけてくる。


「 また来いよ~!! 」


デッキにいる数多くの人達からは、この声が上がり続ける。


「 ありがと~!!! 」




・・・そして、追いかけてきた船はスピードを緩め、最後は海へ見送りのダイブ☆ ・・・6年前に見た風景を目の前にして、また小笠原に戻ってきたこと、また小笠原で潜ったこと、そしてまた、小笠原を後にしたことに、最後の最後で気付いた。6年前と同じ気持ち、熱い気持ちが込み上げてくる。でも、思うこともまた同じ・・・。

「 必ず・・・また、来ます! 」



・・・小さくなっていく父島を、ただただぼんやりと眺めていた・・・。☆^^☆

P824144248.jpg P824144449.jpg P824144750.jpg P824147551.jpg



・・・さて、ここで終わりでない。ある意味始まりである。25時間半の船旅が待っているのだ。行きの船では、あろうことか【海の戦士】が、【ただの半袖短パンの人】になってしまうという失態を犯したのだから、同じことになってはいけない。と、いうことで、初めてお世話になります《アネロンさん》※酔い止め。 これで、嵐でも大丈夫!!台風でも何でも・・・出てこいや~!!!(高田風)


・・・


・・・


あ、あれ??


ビックリするくらいに、海は穏やか。^^;


・・・というわけで、帰りは誰一人船酔いにはならず、面白いアクシデントも無く、朝食なんか行きでは考えられなかったくらいに、皆でモリモリ食べ、そしてゴロゴロ・・・ウトウト・・・。。。なんてことをしていたら、無事に竹芝桟橋に到着♪^^; 嬉しい誤算☆良かったですね♪ 埼玉のお姉さま方、AZUさん、Nさん、今回の小笠原ツアーにご参加頂き、ありがとうございました~!!!*^0^*


P825147852.jpg


★感謝☆感謝★




※(その1)から見たい方はコチラ♪ ⇒ http://diverx.blog80.fc2.com/blog-entry-1030.html


スポンサーサイト

どうも~☆


いつもブログをご覧頂き、ありがとございま~す☆^-^☆


今回も引き続き、8/20~25で行って来ました【小笠原・父島ツアー】の


ツアー報告(その3)をお送りいたしま~す♪^^*



~小笠原の魚とイルカは三畳一間?☆~

8/23(木)。時間は朝5時半。すでに外は明るく、降り注ぐ太陽の光が1日のスタートを告げている。私も気持ちよく起床♪・・・と、いきたかったのだが、オフタイマーによって切れた冷房、なおかつ締め切っているこの部屋は、まるでぷちサウナ状態・・・++; 暑さで目が覚め、小笠原の熱を全身で感じ、起床。でも、せっかく早く起きたのだから【おざ散歩(早朝編)】に出掛けてみることに☆ 今さっき上がったばかりの太陽が、これから活気付く街を照らしている。港周辺には、すでに釣りをしている人が数名。海岸には、防波堤に腰をかけ朝日を眺める若者が数名。そんな中、静かに波音だけが響く海岸線をのんびり歩く至福の時・・・☆^^* 今日も元気に1日がスタートです♪

P823129028.jpg P823129529.jpg 


朝食後、昨日同様パパスの送迎車で港へ。諸々の準備をし、早速ダイビングへ出発~☆^^☆ 今日もガイドはタカミさん♪ 1本目のポイントは《西島s/w》☆ 水温は26℃と問題なし♪(※昨日の今日なのでちょっと心配だった^^;) エントリーすると、そこにはどこまでも見えそうなほど真っ青な海☆ そんなブルーの世界に、ムレハタタテダイが群れが、群れを成して群れていた♪(ムレムレうるさいな~^^;) そして、水面付近を見上げると、2匹のバラクーダが泳いでいくのを発見!!近くにはイソマグロもっ!!!ということで、急いでカメラを回したが、遠すぎてピントがうまく合わず・・・++; 写真も撮れず、残念。でも皆さん、肉眼では確認できたみたい♪^^* 今回の小笠原ダイブで初の大物回遊魚をGET☆^^☆ バラクーダとイソマグロでかなりテンションが上がった私でした・・・♪^^* 

P823131630.jpg P823132231.jpg

休憩中、近くにイルカが泳いでいるという情報が入ったらしく、見に行ってみることに☆ ボートを走らせること数分。情報をくれたボートは見えるのだが、肝心のイルカちゃんの姿は見えず。「やっぱりそんな簡単なもんじゃないんだな~」と、諦めの声がちらほら聞こえ始めた・・・その時、誰かが、「志村~!後ろ~!!」的な感じで、「下~!!ボートの下見て~!!!」と、叫ぶので、ボートの下を皆で覗き込んでみると・・・!!!数頭のイルカちゃんがボートと並走して泳いでいるではありませんか!?☆^0^☆ ボート上では一気に黄色い声援が飛びかい、ボート上はてんやわんや!!^^; 親子で泳ぐイルカもいて、子供のイルカはちっちゃくて可愛かった~♪^^*

P823133032.jpg





イルカちゃんの興奮冷めやらぬ中、2本目のダイブ。ポイントは《三畳一間》。砂地が広がる中に、沈潜の残骸がポツンとある静かなポイント☆ 三畳一間というポイント名だが、実際には八畳くらいはある。^^; そこには、キンメモドキが群れていて、下のほうにはアカシマシラヒゲエビとタテジマキンチャクダイの幼魚が隠れていた♪ そして、砂地にポツンとある小さな根には、大きなモンダルマガレイ☆^^☆ これにはメンバーさんも驚いていましたね♪ 砂地のポイントだったので、砂の巻上げを心配しましたが、この頃には皆さん中性浮力もバッチリ!!今回潜ったポイントの中でも一番人気の場所でした~♪^^*

P823133933.jpg P823135334.jpg P823136035.jpg P823136136.jpg


お昼休憩の3本目。埼玉のお姉さま方とN氏はお留守番。ラストダイブは、AZUさんと私の2人。ポイントは《イーグルレイロック》☆ 運が良ければマダラトビエイなどが見られるポイントなのだが、結論から言うと残念ながら見られず・・・^^; それでも、今回の中でも一番というほど、アカヒメジとノコギリダイとヨスジフエダイの群れを見ることができ、その群れに囲まれたAZUさんは、ラストダイブをラスト1秒まで堪能するかの如く、その群れを眺めていました・・・☆^-^☆

P823136437.jpg P823136738.jpg P823138139.jpg P823140140.jpg P823140441.jpg P823140742.jpg


3日間の小笠原ダイブが無事に終了~!!☆^0^☆
パパスのスタッフの皆様、ありがとうございました~♪^^* 
天気と海況に恵まれ、小笠原の大自然にも・・・★感謝☆感謝★


その4(感動のフィナーレ)へ続く・・・



※まだ(その1)を見てない方はコチラ♪ ⇒ http://diverx.blog80.fc2.com/blog-entry-1030.html

※まだ(その2)を見てない方はコチラ♪ ⇒ http://diverx.blog80.fc2.com/blog-entry-1038.html


どうも~☆


毎度毎度ワクワク様でございます☆^-^☆


今回は、8/20~25で行って来ました【小笠原・父島ツアー】の


ツアー報告(その2)をお送りいたしま~す♪^^*



~身体に沁みこむ・・・小笠原の自然☆~

8/22(水)。1日ぶりの布団に包まれ、幸せ感いっぱいで目が覚める。カーテンを開けると、眩しいほどの光が差し込み、今日も晴天であることに感謝☆ ・・・さて、今回お世話になっているのは『大洋荘』さん。今から6年前の2006年、初めて小笠原に来たときに宿泊したのも大洋荘さんだった。希望したわけではないが、これまた偶然。そして、大洋荘の気さくなご主人は6年前と変わらず、今回も色々話かけてくれた♪ 女将さんも6年前と変わらず・・・、うん、相変わらずであった。^^;  一同朝食を済ませ、パパスさんの送迎車に乗り込み、船着場へ移動。そして乗船。今回乗船してるパパスさんのボートには、私たちのグループや個人参加者も含めて、20名程の人が乗っていて、船内は《プチてんやわんや》状態。++; まぁ、この時期はどこもそう。人数チェック、器材チェックをし、いざ出発~!!☆^0^☆ 今日ガイドを担当してくれるのは、ハワイアンチックな姉さん系の【タカミさん】♪ 1本目のポイントは西島の東に位置する《大岩》☆ 水温は27℃、透明度は相変わらず30m以上の何とも嬉しい海況♪^^* ・・・エントリーして、船下に集合。そして、まずは人数確認。「1、2、3、4、5・・・6!?」・・・ん??1人多い。++; 少ないのも困るが、多いのも困る。^^; どうやら他のグループの方が間違って来てしまったらしい。まぁこんなことはよくあること♪ その方にジェスチャーで《ここのグループじゃなくて向こうのグループですよ♪》と教えてあげると、《あっ!そか!ありがとう~☆》というリアクションを120%期待していたのに、《ん??なんじゃ??何が言いたいんじゃ??》的なリアクション。。。++;  再度、《い、いやいや!だから~!こっちじゃないんだって~ぇ!!!あっちのグループなんだってば~ぁ!!!》という、私の渾身のジェスチャーも彼には届かず、、、。結局、そのやりとりに気が付いたガイドのタカミさんが、向こうで集合している別グループのところまでその方を連れていく事に。。。ふ~ぅ、まぁこんなこともよくあること♪^^; タカミさんが帰ってくるまでの時間を利用して、皆さんで集合写真を撮ることに☆ 《は~い!いきますよ~☆》 3、2、1・・・パシャ! ・・・すると、皆さんの顔の周りは泡だらけ。というわけで、皆さんに指令。【3秒前から息を止めてください】 すると、今度は大成功!!*^0^* バッチリです♪ そんなこんなをしていたらタカミさんが戻ってきたので、やっとダイブがスタート☆ なだらかに下がっていく斜面には、サンゴ礁が群生していて、そこにはアカヒメジやノコギリダイが群れを成して泳いでいる。そして、岩陰にテングダイを発見☆ のんびり泳ぐその姿に、皆さん釘付け! 恰好の被写体になっていました~♪^^*


P822115016.jpg P822115817.jpg P822119018.jpg P822119819.jpg


休憩後、2本目のポイントは《トライアングルブロックス》☆ ここのポイントも、なだらかに広がる斜面にサンゴ礁がビッシリ敷き詰められていて、その上を中性浮力(浮きも沈みもしないで中層を泳ぐ浮力の状態)で泳ぐと、まるで宇宙遊泳するような感覚になる☆^^* そして、真っ青なハナゴイの群れが、私たちをボニンブルーの世界に誘うかのごとく、悠然と泳いでいる♪ 「中性浮力が自信ない・・・」と言っていた皆さんも、小笠原の海と一体化して、気持ち良さそうに泳いでいました・・・☆^-^☆ 

P822121420.jpg P822122821.jpg



お昼休憩の3本目。埼玉のお姉さま方はお留守番ということで、AZUさんとN氏と私の3人でダイブ。ポイントは《南浮磯》☆ エントリーして、水深は10m。すると・・・、ん!?寒い!!!>< どうやら冷たい潮が入ってきていたらしく、水温は22℃。++; 水中でも暑がりの私だが、これには驚き。・・・すると、隣にいたN氏は【寒い!】のとジェスチャー。・・・うん、そりゃそーだよね!なんたってうちら(私とN氏)、シーガル(半袖)だもんね♪^^; ガイドのタカミさんと一緒に20m付近を泳ぐAZUさんを、水深8m付近から見守る私たち。それでも、サンゴの中に隠れるベニゴンベを激写。そして、進んでいくと、岩陰に集まる無数のキンメモドキの群れに感動☆ 『スゴ~イ!凄すぎて武者震いがするぜぃ♪』※きっと寒さから来る震えです。『やっぱり小笠原の海は素敵やね~♪♪感心感心♪♪』と腕組☆^^☆ ※腕組は、寒さを感じたときにダイバーがとる行動。水中でよく見かける風景です。・・・感動しすぎて、腕は筋肉痛寸前に♪(ってどんだけ力入ってたんだよ。^^;) というわけで、ダイビング2日目が無事に終了~☆★☆

P822124822.jpg P822125723.jpg P822126224.jpg

夕食までに少し時間があったので、ぶらりおざ散歩♪ 繁華街を見渡せる《大神山神社》に登ってみることに☆^^* 100段はありそうな階段を登ると、そこにあったのは、今にも掴めそうな小笠原の大自然♪ ・・・大好きなことを仕事にできている幸せを日々感じている一方で、些細なことで不安になることも事実。だが、この大自然を目の前にしたら、自分という存在が、なんてちっぽけなものであり、そんな私の頭をよぎる不安など、さらにちっぽけなもの。大きな地球のこの自然の中で生かされているに、改めて気付いた☆ 潮の香り、草木の匂い、心地よい風、太陽の温もり・・・ 全てが身体に沁みこみ、充電完了♪ また明日も自分らしく、自分でいられることに、感謝☆感謝♪^^*

P822127525.jpg P822128026.jpg P822128327.jpg



その3へ続く・・・


※まだ(その1)を見てない方はコチラ♪ ⇒ http://diverx.blog80.fc2.com/blog-entry-1030.html

どうも~☆


毎度毎度ワクワク様でございます☆^-^☆


今回は、8/20~25で行って来ました【小笠原・父島ツアー】の


ツアー報告(その1)をお送りいたしま~す♪^^*



~25時間半の船旅へ~

8/20(月)。お盆休み明けのサラリーマンが行き交う竹芝界隈。スーツに身を包む戦士たちの中に、半袖短パンという格好の、何とも頼もしい?格好の戦士がここに。私自身6年ぶり2度目の小笠原。だが、世界自然遺産に登録されてからは初めてだ。朝9時、竹芝集合・・・となっているが、半袖短パン戦士は人ごみが苦手なので、始発の電車に乗り、朝7時前には竹芝に到着。今回ご参加頂く皆様の集合を待つ。・・・朝8時過ぎには集まり始め、8時半には全員集合。今回のメンバーは、埼玉のお姉さま3名様に、横浜のアスリートダイバーのAZUさん、横国でお馴染みのNさんの計5名様☆ 時間は9時半、乗船開始。そして10時、いよいよ小笠原父島に向けて、25時間半の長旅がスタート!☆^0^☆

今回の往路、女性陣だけは1等室の4人部屋。これが予想していた以上に広くて快適空間♪^^* 2段ベットだが、テレビはあるし、テーブルとソファーはあるし、ベット間も2人は寝られそうな程あいている♪ というわけで、こちらの1等室にお邪魔して、皆さんで旅の成功を願って、いきなり『飲みね~♪食いね~♪』のどんちゃん騒ぎ☆^^; いや~♪盛り上がった~♪♪♪ 


・・・そう、、、東京湾を出るまでは・・・。。。


・・・


竹芝を出発して3時間ほどが経過。私たちがいる1等室は、船内にある客室の最上部に位置し、さらに一番先頭に位置していた。船に乗ったことがある方ならお分かりかもしれないが、私たちがいる部屋は、この船で一番揺れるところに位置していた・・・。・・・気が付いたときにはすでに遅し。大きな縦揺れの中、さっきまでほろ酔いだった一同は、ほろ酔いではなく、本格的な船酔いに変貌を遂げていた。++; 殆ど船酔いをしたことがないこの私も、もう酒酔いなのか船酔いなのか分からない状態に。。。数時間前まで盛り上がっていた空間が、嘘のように静まり返っていた。。。

※父島に到着してから分かったことだが、このとき小笠原の下に台風が発生。そこからのうねりが入っていたらしい・・・。

・・・この長い船旅に備えて、カップ麺数個に菓子パンとおにぎり、酒のつまみまで用意し、私のリュックはパンパンの状態であった。・・・しかし、今はとても食べられる状態ではない。懐かしくも思うこの気持ち悪さと戦いながら、満面の笑みを浮かべながら買い物していた昨日の自分を思い出すと、何とも恥ずかしいどころか、昨日の自分にさえ腹立たしくなってくる。・・・そんなことを頭で考えていても、父島はまだまだ遠い。「今日だけでもいいから、こっちに近づいてくれへんかな?」なんてことを思ったのは、きっと私だけではないだろう・・・。そんなこんなで、船旅は続き、夜は更けていくのでした・・・。



~満身創痍の一同、ようやく父島へ~

8/21(火)。部屋に差し込む光で目を覚ます。どうやら、そのまま1等室の床で寝てしまったらしい。幾分か落ち着いた気持ち悪さ。半日以上何も食べていないのに、お腹が空かないどころか食欲が沸かない。「これで少しは痩せたかな?」なんて、OLさんが毎日のように口ずさみそうな言葉を発してみたが(コラッ)、やはり虚しいだけであった。ゆっくり起き上がり部屋を見回すと、女性陣の中に一人だけ元気な方が・・・。埼玉の姉さんの一人、Tさんだ。昨日は自分のことで精一杯だったので、皆さんも同様だと思ったいただけに、これにはかなりの驚き。「あ、お早うございます~♪ パン、食べます?♪」とTさん。  ・・・(うぷっ) 「いや、あんまりお腹が減ってないんですよ~。あはっ」・・・全く酔っていない様子のTさんが差し出すパンを、丁重にお断り。半袖短パンの【海の戦士】が、【ただの半袖短パンの人】になった瞬間だと、そう自分で感じてしまった・・・。父島まであと少し・・・。


・・・11時半、長旅にようやく終止符が。定刻どおりに父島・二見港に到着。二見港は熱烈な歓迎ムード☆だが、私たちは静かに父島に降り立つ。25時間半ぶりの地上。今回お世話になる「パパスダイビングスタジオ」さん、宿泊は「大洋荘」。一度、宿に行きダイビングの準備をし、父島に降り立ってから1時間後、早々にダイビングに出発。「父島を満喫するために1分でも無駄にしないで楽しんでほしい♪」と言わんばかりスケジューリング。++; 皆さん、大丈夫かな・・・。

P821099801.jpg P821100102.jpg


~小笠原の海☆不思議な力に一同復活!~

時間は、13時過ぎ。今さっき、おがさわら丸を下船した一同は、また船の上にいた。^^; とくに船酔いが酷かったOさんNさんも、何とか参加。パパスの豪華なボートで、いよいよ小笠原ダイブのスタート!ガイドをしてくれるのは、いかにも優しそうな【コウセイくん】♪ 天気は晴れ、海況は多少うねりがあるものの、心配は要らない感じ☆ 1本目のポイント《バラ沈》に到着☆ 沈船がバラバラに沈んでいるのでそう名が付いたらしい。^^; 初心者が多い我チームは、早々にブリーフィングをしてもらい、早めにエントリー☆ この頃には、一同体調がすっかり良くなっていた・・・♪ ・・・水温は26℃、透明度は30mオーバー♪ 目の前には、気持ちいいように砂地が広がっている☆ その砂地をゆっくり移動していると、日本固有種のユウゼンをいきなり発見!!☆^0^☆ 皆さん写真もバッチリ♪ さらに岩のイソギンチャクには、クマノミの親子☆ 小笠原のクマノミは真っ黒に日焼けしてるんです♪(まぁ日焼けじゃないと思うけど^^;)そして、バラ沈に到着☆ 原形が分からないくらいバラバラになりすぎているが、そこはお魚パラダイス♪ アカヒメジやノコギリダイの群れが気持ち良さそうに泳いでいる♪ そのバラ沈の一箇所に、何やら真ん丸したものを発見!!よく見るとそれは、オオモンカエルアンコウ!!!*^0^* ラグビーボールほどもあるカエルちゃんは、私たちが近づいても全く動かず・・・^^; 『んも~、めんどくさいな~。ほな移動しましょか~』と、言わんばかりにのそのそと泳ぎだし、鉄骨の裏に隠れていきました~☆^・^☆ 

P821100403.jpg P821102104.jpg P821103905.jpg

P821104806.jpg P821105707.jpg




休憩後、2本目のポイントは《ひょうたん》☆ サンゴ礁が綺麗なこのポイントでは、至る所でハタタテハゼを見ることが出来る♪ そして、イソギンチャクガニなどのんびりマクロ観察モードに☆^-^☆ ・・・すると、ガイドのコウセイくんが水面付近を指差すので見上げてみると、十数匹のツバメウオが泳いでいるではありませんか!? 皆さんに気付かれないように水面付近に浮上し、カメラ&ビデオタイム♪ ※注意:独り占めしようとしたわけではなく、皆さんの急浮上を防ぐためですよ※ ・・・初日から小笠原の海を満喫♪ 弱っていた一同は、すっかり元気になりました☆ これぞ小笠原パワーですね♪^^*

P821106308.jpg P821109109.jpg P821110810.jpg


夜はナイトツアーに参加♪ まずは、オガサワラオオコオモリを観察☆ そしてお次は、湾内に住み着くシロワニ(サメ)を見に行ってみると、見事にGET♪^^* さらに今度は山の上へ。《オレンジペペ》という愛称の天体観測望遠鏡を見学☆ この大きな望遠鏡で、月面上の1年玉を判別できるほどの性能らしい☆ そんな人類の英知が詰まった機械の前で、たまたま一緒になったカップルを巻き込んでの写真撮影♪^^* そしてお次は《グリーンペペ》という愛称のヤコウダケ。シャッタースピードを遅くして、綺麗に撮ることができました~♪ 星空を眺めながら、約2時間のナイトツアー☆ ガイドのコウセイくん、昼も夜もありがとうございました~♪^0^*

P821111911.jpg P821112312.jpg P821114113.jpg

P821114414.jpg P8211146a15.jpg


その2へ続く・・・

ダイビング スキンダイビング スノーケリング ジュニアダイビング 子供のダイビング シュノーケリング スキューバ スクーバ 鶴間 西鶴間 下鶴間 深見 ひばりが丘 小松原 上草柳 大和 横浜国際プール 綾瀬 海老名 座間 厚木 瀬谷 さがみ野 中央林間 南林間 つきみ野 ライフスポーツ鶴間 エバーブルー 課外活動 親子でダイビング ダイビングライセンス Cカード NAUI CMAS PADI 

尾崎 慎太

Author:尾崎 慎太
NPO法人
『エバーブルージャパン』 代表理事

・NAUIダイビングインストラクター
・NAUIコアスペシャルティINST
・NAUIレスキュースペシャルティINST
・NCFAインストラクター
・CMAS=JEFF2スターINST
・日本体育協会認定
 スクーバダイビング指導員
・日本スノーケリング協会認定
 スノーケリングインストラクター
・(社)日本キャンプ協会
 キャンプ指導者
・(財)日本レクリエーション協会公認
 レクリエーションインストラクター
・潜水士

~人生のミッション~
『子供達が憧れる大人になり、
夢を持ち続けさせること』


-天気予報コム- -FC2-
QR