≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

どうも~☆


いつもブログをご覧いただき、
心より感謝☆感謝でございます!!*^^*


今回は、2/3~9で行ってきました『インドネシア・メナドツアー』の
ツアー報告その4をしたいと思いま~す♪^^*


【まるで、ひとつの生き物…☆】


2/7(木)。時間は朝の5時半。南国メナド・3日目の朝。程よく冷房のかかった部屋。キングサイズのベットから降りると、冷蔵庫からミネラルウォーターを取り出し、眩いほどの朝日に照らされた木々を眺めながら、カラカラに乾いた喉に流し込む。最高の朝だ☆^^* 朝6時、朝食へ向かう。レストランには、ビュッフェらしき台やお皿も出ていない・・・ということは、どうやら今日もオーダースタイル。いつもの窓際のテーブルに腰掛け、TさんSさんを待つ。すると、10分もしないでお二人の登場。朝食タイム☆ 前日の“ミスタービーン”がやりそうな失敗を思い出しつつ、今日こそはっ!という気持ちでいると、ふと、別テーブルの上に置いてあったメニューらしきものを発見!『な~んだっ!メニューあるんじゃん♪』と、多少拍子抜けしたような感じがしたが、焦ることなくスタッフに注文。『パンとオムレツ、あっ、ベーコンも!それからシリアルにパンケーキ、ヨーグルトにジュース…♪』…とりあえず全品注文した私だが、《お前、どんだけ食うねん!!》という顔を浮かべながらも、作り笑顔でいるスタッフに気が付くのに、そう時間は掛からなかった…。…料理が運ばれ、結果を言うまでもなく、テーブルの上は、まさに「てんやわんや」状態…^^; 私は食べ続け、結果を言うまでもなく、私のお腹も、まさに「てんやわんや」状態…++; この状態、富士山で言えば、12合目。噴火ギリギリのところで食べ終え、満腹でダイビングに備えるのでありました…><; ※良い子は真似してはいけません☆


時間は朝8時。気持ち良い風と朝日に包まれ、私たちを乗せたボートが出港!!メナドダイブ3日目がスタートでっす!*^^* 大物リクエストを出していたので、1本目のポイントは『Barracuda Point』。港からボートで50分、まさにバラクーダ狙いのポイント☆ ただ、スタッフに口酸っぱく言われたのは、『バラクーダが見れる確率は50%だからなっ!見れなくても文句言うなよっ!』と、どこまで刺すねん!っていうくらい釘を刺され、《そこまで言うならあまり期待しないでおくよ…(汗)》と思いながら、今日も鏡のような水面へエントリー!…水温は29℃、透明度は30m! 潜降して、ゆっくりドロップオフの壁沿いを移動。昨日までなら、壁にへばり付き、マクロ生物を探しているところだが、今日の狙いはバラクーダ!ゆっくり移動しながら中層を眺める。…10分くらい移動しただろうか。すると、中層とは反対側、根頭に黒い大きな影を発見。《…ん?…ん??…んん!?…わっ!!!バラクーダだっ!!!》…まだ皆は気付いていない。早く知らせなきゃ!しかし、こんなときに限って、BCにいつも付けている水中ベルが見つからない!!>< 1ダイブに2,3回は必ず使うので、見つからないわけがない。どこへいった!?俺のチリンチリン!!>< …バラクーダがいなくなってしまい、皆さんが見れなかった…なんてことがあったら大変だっ!!!>< と、孤軍奮闘していると、、、≪カーンカーン♪≫…と、タンクと叩く音。ふと、視線を前に向けると、ガイドさんが根頭にいる黒い大きな影を指差し、『ほら~!いたよ~♪♪♪』と、お二人に教えている。。。《いっ、いや~!!!俺が初めに見つけたんだから~!!!もっと前から分かってたんだから~!!!><》…と、考えれば考えるほど虚しくなるので、《あっ、あぁ♪ いたんだっ♪ あ、ありがとう♪》と、大人の対応。^^; てか、そんなことより、バラクーダの群れに近付き、写真と動画を撮りまくり!!!…すると、10mほど先にいた数百匹のバラクーダが、まるでひとつの生き物のように蜷局を巻き始め、私に近付いてくる…。《まさに、トルネード。。。》呆気に取られてしまいそうになるほど、その姿は神秘的で、生命力に満ちていた。…気が付けば、潜水時間は40分。時間にしたら20分以上見ていたことになる。バラクーダに別れを告げ、あとはのんびり棚上を移動。マッタリダイブを20分。潜水時間は60分で終了!…この日、3ダイブするうちに1回でも見れたらいいな~♪なんて思っていたバラクーダを、めでたく1ダイブ目でGet!!☆^^☆

P2073134a85.jpg P2073108a81.jpg

P2073085a69.jpg P2073100a79.jpg P2073093a73.jpg


この日は港には戻らず、ボート上で休憩。『次もまた大物狙いのポイントにいくか?』と聞かれたが、お二人の希望はのんびりマッタリダイブ☆^^* 何故なら、このダイブでSさんがめでたく250本のメモリアル♪^^* …ということで、ブナケンエリアまで戻り、2本目のポイントは『Fukui Point』。その名の通り、昔、福井さんによって発見されたポイントらしい☆^^; 海は相変わらず穏やか☆ 『天気も、良し♪ 行くぞ~!!(吉幾三)』と言い放ってみたが、インドネシア人のガイドには伝わらず…++;《伝わるわけないやんっ!!》 …ゆっくりエントリーすると、そこは、どこまでも透き通る海に彩られた、見渡す限りの見事なサンゴ礁☆^^☆ ブナケンエリアで一番かもしれない♪ そんなサンゴ礁の中にある、このダイブのお目当て♪ それは、大きさが1m以上あるBigシャコ貝!!しかも、それが2つ並んでいる♪^^* そのシャコ貝の前で、Sさん250本の記念撮影☆^0^☆ ガイドさんが水中に持ってきてくれたバナナをエサに集まってきた魚たちが、メモリアルダイブに花を添えてくれました~♪^^* さて、ダイブの後半。出会ったのは、水面付近に漂うアカククリの群れと、小魚を追って捕食中のローニンアジ! 両方とも見応えがありましたね~☆^^☆ 潜水時間は63分、無事にメモリアルダイブが終了!! ボートに上がってきてから、ボートキャプテンとガイドさんも一緒にみんなで記念撮影~♪^^* Sさん、250本おめでとうございま~す!!!☆^0^☆

P2073145a88.jpg P2073133a84.jpg P2073156a89.jpg

P2073129a82.jpg P2073212a93.jpg P2073215b94.jpg


…船はブナケン島近くに停泊。そこでランチタイム☆^^* このランチで良く出される≪野菜炒めと焼きそば≫が、私のお気に入り♪ 少しばかりではなく、毎回明らかに食べ過ぎていた。^^; お腹もいっぱいになり、休憩がてらにブナケン島に上陸。船着き場の近くには、10店舗以上のTシャツ屋さんがひしめき合っていた。『Tシャツとかいる?欲しかったら買ってきていいよ!』と船長さん。…と、言われましても…、【I Have No Money!】なんです…++; ブナケン島に立ち寄るなんてことを事前に言っていなかったので、私たちは誰もお金を持ってきておらず、目の前にある大量のTシャツを、ただただ眺めるいるしかなかった…^^; 


お昼休憩も終わり、3本目。メナドでのラストダイブ。ポイントは『Lekuan Ⅱ』。この3日間で、3つある『Lekuan Point』を制覇☆^^* 穏やかな海、水中に差し込む光。何となく見慣れてきたドロップオフの風景も、このダイブがラストダイブだと思うと、寂しさが込み上げてくる。今回のメナドダイブをおさらいするかのように、スパインチークにイソコンペイトウガニ。オラウータンクラブに数種類のウミウシ、そしてウミガメ…☆ 棚上に移動すると、水深5m付近の砂地にいたのは、数十匹のガーデンイール。捕食中のガーデンイールだったが、その姿が、まるで私たちに別れの挨拶をしているかのようであった。ありがとう☆メナドの海☆ そして、メナドの水中生物たち♪^^* 潜水時間は60分。メナドダイブが無事に終了~!!!*^0^* 天気と海況に恵まれ、無事に3日間で9ダイブができました~!!!グランドルレイのスタッフの皆さん、ありがとうございました~!!!*^^*

P2073201a92.jpg P2073198a91.jpg P2073222a95.jpg


夜はリゾート内のレストランでディナー☆ メナド最後の夜を食って飲んで…♪ 満喫しました☆^^*


2/8(金)。この日もメナドは晴れ。4回目になる朝食も、さすがに慣れたもの☆ このグランドルレイリゾート、嬉しいサービスがいくつもあるが、一番助かったのは、帰るギリギリまでダイビングスタッフが私たちの器材を責任もって乾かしてくれるところだ♪^^* おかげさまで程よく乾いた器材をバッグに詰め、帰り支度を済ませ、チェックアウト。時間は11時、グランドルレイリゾートからメナド空港に移動。メナド空港でお土産などを買い、14時発、メナド空港からシンガポール空港へ。時間は17時、シンガポール空港に到着。成田行きの便が出るのが23時だったので、思い出に浸りながら、各々のんびり時間までを過ごす。ちなみに私は、空港内にあったフードコートらしきところで、お腹を満たすことに。インドネシア料理…とも考えたが、ここはあえて、ラーメンを食べてみよう♪ということで、『熊本ラーメン』なる表示があるラーメン屋さんで、普通にラーメンを注文。…結果は、…まぁ通に美味しかった♪^^; 期待したアクシデントもなく、お腹も満たされ、23時。シンガポール発の成田行きに搭乗。…翌2/9(土)。朝7時。無事、成田空港に到着。インドネシア・メナドツアーの終了でっす!!!Tさん、100本記念ダイブやりましょうね!!Sさん、次はどこに行きましょうかね♪ お二人とも、ご参加頂きありがとうございました~!!!*^0^* 

IMG_015116.jpg ⇒ IMG_015217.jpg

※その1に戻る⇒http://diverx.blog80.fc2.com/blog-entry-1160.html



スポンサーサイト

どうも~☆


いつもブログをご覧いただき、
感謝☆感謝でございます!!*^^*


今回は、2/3~9で行ってきました『インドネシア・メナドツアー』の
ツアー報告その3をしたいと思いま~す♪^^*


【何が起こるか分からない…☆】

2/6(水)。時間は朝の5時半。昨日ほどの朝日は無く、少しどんよりした空だが、どうやら雨は降っていないらしい。朝食の為、朝6時、ビュッフェスタイルだった前日の感覚でレストランを訪れると、準備をするスタッフが見当たらないどころか、ビュッフェらしき台やお皿も出ていない…++; フロントスタッフに聞いてみると、どうやら今日はオーダースタイルらしい。まぁ、ゲストが私たちくらいしかいないとなれば、ビュッフェスタイルは割に合わないか。^^; と、リゾートの懐具合を気にしつつ、程なくして、TさんSさんが現れ、朝食タイム☆ テーブルの中央には、パンが盛られたお皿。スタッフの『メインは何にしますか?』的な感じの問いに、『ん~、じゃ~、カリッカリに焼いたベーコンを頼むよ♪』と、あたかもフランス映画のワンシーンのような感じでオーダー。…すると、スタッフが持ってきたのは、カリッカリに焼かれたベーコン…のみ。++; まるで《松崎しげる》のような色をしたベーコンだけがお皿の上に乗っている…^^; この瞬間、『あっ、メインを聞いたんじゃないのね。^^;』と思ったが、時すでに遅し。時間も時間だったので、追加注文はせず、この日の朝食は、パンにジュース、そして、カリッカリに焼かれたベーコン。。。 ん~、今日は何が起こるか分からないぞ☆^^;


時間は朝8時。雲の切れ間から朝日が射し、海も穏やか。ボートに乗り込み、メナドダイブ2日目がスタート!^^* 1本目のポイントは『Lekuan Ⅰ』。鏡のような水面へエントリー!水温は29℃、透明度は文句なしの30m☆ 潜降して、ゆっくりドロップオフの壁沿いを移動。まだ時間が早いのか、岩陰で寝ているカメが数匹。どれも可愛いサイズだったが、その中に途轍もないサイズのカメを発見!!体長はおよそ1.5m。ちびっこ大相撲なら優勝するクラスの、丸々太ったビッグサイズ!!!^^; 私の経験上、今まで水中で見たカメの中で一番大きかったかも…☆^^* ん~、今日は何が起こるか分からないぞっ☆★^^;

P2052849a48.jpg P2062879a49.jpg

P2062921a51.jpg P2062950a53.jpg

一度港に戻り、昨日同様にオーストラリアンカップルが2本目から合流。30分程の休憩の後、2本目に出発!ポイントまでは20分。2本目のポイント『Mike's point』。相変わらず、鏡のような水面。しかし、雨雲が日差しを遮ったかと思った矢先の激しいスコール!++; あまり気にせずエントリーすると水中は、光もあまり入っていないのにどこまでも見えそうなほどの透明度☆^^* 30m以上は確実だね♪ 気を良くしてダイビングがスタート!…して、間もなく、何故かSさんのオクトが突然のフリーフロー!!! オクトだけでなく、メインのレギュからもフリーフロー!!!>< 速攻でSさんにオクトパスブリージングで呼吸確保!!! ガイドさんと何とかフリーフローを止めようとしたが、なかなか止まらず。…すると、ようやく治まり、残圧計を見てみると、残圧は30…++; さすがに続行は厳しいので、ガイドさんと一緒に浮上するSさん。私とTさんは、水中で待機。しばらくすると、ガイドさんだけ戻ってきたので、3人でダイビング続行。このポイントはサンゴの群生が見事で、ウミウシも満載☆ のんびり62分の潜水時間。船に戻ると、『ごめんなさーい!やっぱりメンテナンスはやっておかないとダメですね!』とSさん。続行できなかったのを残念がってましたが、大事にならず良かった×2♪^^; ん~、今日は何が起こるか分からないぞっ☆★☆^^;

P2062982a56.jpg P2062980a55.jpg

P2062956a54.jpg P2063006a57.jpg

港に戻り、ショップでランチ☆ お腹もいっぱいになり、お昼寝タイム♪^^* 何気なく見た携帯に、母親や友人からのメール。【ソロモン諸島沖で地震。大丈夫??】…えっ!?マジでっっ!?++; 心配になり、ダイビングスタッフのボスに聞いてみたところ、『地震??そんな情報は来てないよ?? まぁ、地震が起こって津波が来るようだったら連絡が入るから安心してよ♪』…と、コーヒー片手に満面の笑み。信じていいのか甚だ疑問だったが、ここは信用するしかない。++; 地震と津波、頭の片隅に置きながらのんびりも出来ず、お昼休みが終了。幸いなことに、メナドは地震や津波の影響は無く、無事でした。。。^^; いや~。今日は何が起こるか分からないぞっ☆★☆★^^;

P2073063a62.jpg


3本目。ポイントは『Tiwaho Point』。ここは完全なマクロポイント。潜降すると、ロープ際に浮遊するヘコアユの群れ☆ 個人的に、このヘコアユがいるポイントは、何故かワクワクする♪^^* 珍しいクモヒトデやイソコンペイトウガニ。モヨウフグにハナヒゲウツボの幼魚。ハナミノカサゴの幼魚などがいたが、見たかったカエルアンコウには出会えず…++; 結果、何か起こることを期待した3本目だったが、何も起こらずに終了…^^;

P2063059a61.jpg P2063041a60.jpg

P2063008a58.jpg P2063031a59.jpg


…ダイビング終了後、一旦部屋に戻り、着替えてから前々日に行ったメガマートへ☆ そこで夕食を取ることにした♪^^; 

…が、ここからまた話が長くなりそうなので、今回はここまで☆
後日、“番外編・メガマートのフードコートで格闘!”をお届けします♪^^;



その4へ続く…☆★☆http://diverx.blog80.fc2.com/blog-entry-1167.html



どうも~☆


毎度ワクワク様でございます!!*^^*


今回は、2/3~9で行ってきました『インドネシア・メナドツアー』の
ツアー報告その2をしたいと思いま~す♪^^*


【神秘的なマクロの世界☆】

2/5(火)。小鳥の囀りで目が覚める。カーテンの隙間から薄っすら明るくなってきた空が見て取れる。晴天の空に感謝感謝☆ 時間は朝の5時半。南国の朝は早い☆ ほぼ起きたままの格好で、フロント横になるレストランへ。朝食は朝6時半からなのだが、6時から食べられるとのことだったので待っていると、スタッフがのんびりと準備をし始めた。パンやオムレツやフルーツなど、そんなに品数は無いが、とりあえずビュッフェスタイルらしい。各々好きなもの取り、遠くの方に海が見える特等席へ☆ このレストラン、庭が見えるところの窓が全て開けられていて、ものすごく開放感に浸れる♪^^* しかし、この解放感もビックリだが、7時を過ぎても、50人以上は座れそうなこのレストランにいるのは、私たち3人…。^^; 完全な貸切状態にビックリである☆^^; 部屋に戻り、ダイビングの準備。いよいよメナドダイブのスタートでっす!!!

P204257718.jpg IMG_014813.jpg IMG_013810.jpg 

庭を抜けた先にあるダイビングショップで、簡単な説明を聞き、器材の確認。ショップからさらに200mはありそうな一直線の道のりを、器材と一緒にトラックでGO!船に乗り込み、ポイントへ移動!…たまたまなのか、この時期はそうなのか、船に乗っているゲストは、これまた私たち3名☆^^; ここでも完全な貸切状態♪^^* …程なくして、ポイントに到着!1本目のポイントは「Lekuan Ⅲ」。船の上からも水底がくっきり見えるほどの透明度☆ 天気は晴れ、海はベタ凪!最高のコンディションでっせ♪^0^* 波も無いのでラクラクエントリー!呼吸を整えて…潜降~!!!^^* …水温は29℃、透明度は文句なしの30m以上!!ドロップオフを、ゆっくり流されながらの移動☆ ソフトもハードも、とにかくサンゴが綺麗☆ そのサンゴの中をよく見てみると、オラウータンクラブがウホウホしている♪(そんなわけないやん!)そして、凄い数のカスミチョウチョウウオの群れ!カメやナポレオン、数種類のウミウシなど、1本目からカメラ小僧全開~!!☆^^☆ 潜水時間は65分で終了♪

IMG_014914.jpg P2052608a27.jpg P2052657a35.jpg 

いったん港に戻って休憩。すると、オーストラリア人のカップルが2本目から参加!…しょうがない、乗せてあげるかっ♪^^*(何様のつもりだよっ!)30分くらいの休憩でポイントへ移動!2本目のポイントは「Timor Buro」。海況も変わらずいい感じ^^* ポイント的には同じようなドロップオフ。エントリーしたら、のんびり壁沿いを移動。ネッタイミノカサゴの幼魚、イソコンペイトウガニ、ハダカハオコゼ、ウミシダウバウオの子供、あとはウミウシ多数…☆ 完全にマクロの世界なんですよね~♪^^* …気が付けば潜水時間は60分。楽しい時間はあっという間に過ぎていく。^^; 安全停止をしていると、Tさんが自分のダイコン(ダイブコンピュータ)を見ながら首を傾げている。《…ん??見かたが分からなくなったかな??》と思い、ダイコンを覗いてみると… あらっ!DECO(減圧停止)出てますやん!!>< ガイドさんに伝えて、《Sさんは大丈夫かな…》と思い、見に行くと… あららっ!!DECO出てますや~ん!!!>< 幸いにも大した時間では無かったので安心しましたが、DECOはいけませんね。^^; エキジット後、「見かたが分からなくなっちゃいました~!」と、私とガイドさんに謝る2人。その2人に「全然大丈夫だよ~♪」と気を遣ってくれたガイドさんだったが、2人がいないところで、私に「シン、DECOは絶対に出しちゃダメだからね!!気を付けてね!!」って。怒られちゃいました…++; 配慮が足らず反省。。。^^;

P2052838a47.jpg P2052611a28.jpg P2052686a36.jpg 

港に戻り、ショップでランチタイム☆ ご飯を食べながらの反省会ですね。^^; 2時間近い休憩を取り、3本目へ!3本目のポイントは「Celah-Celah」。ブナケン島の南側に位置するポイント。午後に入り、多少風が出てきて、水面がうっすら波打っているが、心配するほどではない☆ かなり慣れた感じで、さっさとエントリーしてしまうオージービーフカップル♪^^*(絶対バカにしてるよっ!もはや国際問題だよっ!!)私たちはのんびりエントリー☆ グループも別だし、焦ることはない♪^^* さて、3本目も同じような感じだったので、今度は動画に専念☆ ハナゴイの群れに、スパインチークアネモネフィッシュ、それにタイマイ(カメ)。今度こそ、2人のDECOに気を付けながら、潜水時間は63分。ダイビング初日が終了で~す!!^^*

P2073063a62.jpg P2052705a38.jpg P2052618a30.jpg 


今晩の夕食は、ここのレストランで取ることに☆ …まずはビールで乾杯!!食事は、ナシゴレン2種類にチキンプレート、つまみ的なものをいくつか注文したら、テーブルが大変なことにっ!^^; お酒も進み、話も進み、楽しい夜が更けていくのでありました…☆^^☆ 

IMG_013409.jpg IMG_013308.jpg


その3に続く…http://diverx.blog80.fc2.com/blog-entry-1162.html


どうも~☆^0^☆


いつもブログをご覧頂き、
誠にありがとうございます~!!*^^*


今回は、2/3~9で行ってきました『インドネシア・メナドツアー』の
ツアー報告をしたいと思いま~す♪^^*


【いざ!アジアの秘境へ☆】

2/3(日)。稀にみる大雪に見舞われたあの日から約2週間。『まさか…』なんてことも脳裏を過ぎったが、晴天の空に思わず《ホッ♪^^*》。天気の心配は無用!時間までゆっくり準備。毎回のことだが、今回も鬼のような荷物を持ち、19時40分、二俣川から羽田空港へ。今回行くメナドは、シンガポール経由の羽田発の夜便。羽田空港からの海外便が増えたことで、世界がグッと近づいた。…時間は22時半。羽田空港国際ターミナルにて、ゲストと待ち合わせ。てか今回、ツアーに申し込んでいた2名が直前にキャンセル。++; これには『まさか!?』だったが、こればかりは仕方がない。^^; 今回は、TさんとSさんの2名。両手に花?状態でツアーがスタート☆ チェックインを済ませ、空港内をブラブラ。そして、時間は0時30分、まずは経由地のシンガポール空港を目指し出発~!!^^☆ 

IMG_011601.jpg

…離陸して間のなく、CAさんから飲み物が配られた。何ともアジアンコスチュームが眩しい☆^^* そして、飲み物と一緒に、夜食と朝食のメニュー表が配られた。このサービスには女性陣大喜び!するとTさんがメニューを見ながら『えっ!?こんなに品数出てくるの!?食べきれなかったらど~しよ~♪』と、大騒ぎ☆ 《いやいや!Tさんが今見ているところはビジネスクラスのメニューだからっ!》と、隣から私の鋭いツッコミ。これにはTさん撃沈…☆^^; 毎度のこと、Tさんは面白い♪^^* シンガポール航空は、CAさんの格好だけでなく、細やかなサービスがとても有名で評判も高い。とは言っても、私的にはCAさんの大胆なコスチュームで、9割は満足でした…☆^^☆エヘッ 《…って、完全にオッサンの意見じゃねーか!!》(笑)

IMG_011802.jpg IMG_012204.jpg

さて、羽田からシンガポールまでのフライト時間は約7時間。時差は1時間で、シンガポールより日本の方が1時間進んでいる。2/4(月)。時計は、シンガポール時間で朝の6時50分。無事にシンガポール空港に到着!ここで乗り継ぎ。次のフライトでシンガポールからメナドを目指す。空港内はターミナルが3つあり、ターミナル間はモノレールでの移動になる。私たちはメナド行きがあるターミナル3へ移動。その途中、両替所で円からシンドネシアルピアに換金。1万円を換金すると、なんと90万ルピアにもなった!^^; 1万から90万…。かなり得した気分☆^^* お札は、2万や5万、10万ルピア札などがあり、この時点で金銭感覚がおかしくなったのは言うまでもない…。^^; 
無事に換金も終わり、9時30分、いよいよメナド空港に向けて出発~!!*^0^* …メナド空港までのフライト時間は3時間半。まぁ、沖縄に行くような感じだ☆ あまり大きくはない飛行機。機内には日本人であろう姿は殆ど見られない。しかし、偶然にも私たちの後ろの席に乗っていたのは、70前後の日本人夫婦☆^^* 話を聞くと、お二人ともダイバーで、メナドではなく、レンベでダイビングをするとのこと☆ レンベはメナド以上にマクロ生物が豊富なところなので、よっぽど写真か何かをやっているのかと思いきや、『写真ですか?やらないですよ~(笑) いま、友人がレンベにいましてね、ちょっと潜りにおいでよ♪って言われたので来ちゃいました~!』だって。…ん~何とも羨ましい生活☆^^; そんな、セレブな夫婦との会話を楽しみ、時間は過ぎていくのでありました…☆

IMG_0120_convert_20130225183453.jpg IMG_012103.jpg

時間は13時。メナド空港に到着~!!☆^0^☆ ほぼ半日ぶりに降り立った外の世界は、私たちを大歓迎するかのごとく激しい雨。++; まさにスコールの真っ最中!!>< そんな中、今回お世話になる【グランドルレイリゾート】のスタッフと合流、車で一路リゾートへ☆ メナド空港から45分、町を抜け、山を越え、森を抜け…。やっとリゾートに到着しました~♪^^* 車を降りると、小さな森の中にいるような感じがしつつ、南国リゾート感たっぷりの建物☆ 気が付けば雨は止み、南国特有の蒸し暑さもそこそこに抑えられていて、何とも過ごしやすい♪^^* 時間は15時30分。『まずは部屋でのんびりして、今日はここで夕食を食べましょう!』…の予定だったが、フロントスタッフの『1時間後にダウンタウン行きの送迎車が出るけど、どうします??』との問いかけに、3人の答えは同じ。『行きま~す♪♪♪^^*』 いつ行けるか分からないから、行けるうちに行っとかないとね♪^^* …というわけで、リゾートに到着した1時間後、1時間かけてダウンタウンへ☆ 到着したのは、メナドで一番大きなスーパー《メガモール》。イメージ的には、イトーヨーカドーって感じ。^^; 広い店内をブラブラ。するとTさんが、友人に頼まれていた【ナシゴレンの素】を買いたいとのことだったので、食品売り場へ。ただ、ホテルや空港では通じる英語も、ここではほとんど通じず、Tさんの携帯にあった【ナシゴレンの素】の画像を店員に見せて、ようやく近いものをGET!ついでに、水やお酒やおつまみを買い込み、軽く夕食を済ませ、19時にメガモールを出発。20時にホテル着。明日から始まるメナドダイブに備えるわけでありました…☆^^☆

IMG_012305.jpg P2042581a.jpg P204259125.jpg 


その2へ⇒http://diverx.blog80.fc2.com/blog-entry-1161.html



ダイビング スキンダイビング スノーケリング ジュニアダイビング 子供のダイビング シュノーケリング スキューバ スクーバ 鶴間 西鶴間 下鶴間 深見 ひばりが丘 小松原 上草柳 大和 横浜国際プール 綾瀬 海老名 座間 厚木 瀬谷 さがみ野 中央林間 南林間 つきみ野 ライフスポーツ鶴間 エバーブルー 課外活動 親子でダイビング ダイビングライセンス Cカード NAUI CMAS PADI 

尾崎 慎太

Author:尾崎 慎太
NPO法人
『エバーブルージャパン』 代表理事

・NAUIダイビングインストラクター
・NAUIコアスペシャルティINST
・NAUIレスキュースペシャルティINST
・NCFAインストラクター
・CMAS=JEFF2スターINST
・日本体育協会認定
 スクーバダイビング指導員
・日本スノーケリング協会認定
 スノーケリングインストラクター
・(社)日本キャンプ協会
 キャンプ指導者
・(財)日本レクリエーション協会公認
 レクリエーションインストラクター
・潜水士

~人生のミッション~
『子供達が憧れる大人になり、
夢を持ち続けさせること』


-天気予報コム- -FC2-
QR