≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

どうも~☆


いつもブログをご覧頂き、
誠にありがとうございます~!!*^^*


今回は、5/4~7で行ってきました『沖縄・渡嘉敷島ツアー』の
ツアー報告その3をしたいと思いま~す♪^^*


【リクエストは出さなきゃ損!】

5/6(月)。GW最終日。この日になると、大抵2パターンの人間に分かれる。《明日からまた仕事だから、今日はのんびり過ごそう》という人と、《まだ1日ある!今日という日が終わるまで遊び尽くすぞ!》てな感じで。さて、渡嘉敷3日目のシーフレンドでは、全体のゲスト数が前日の半分に。先程の話で言うと、どうやら前者ということになりそうだ。こりゃ~のんびりダイブ&リクエストダイブの期待大♪^^* 前日同様、朝食を良い感じの量で済ませ(やっぱり満腹)、ダイビング準備。港へ向かい、ダイビングボートに乗り込む一同でありました・・・☆^^☆

P506011201.jpg P506011602.jpg


天気は薄曇りで気温は24℃。1本目のポイントは【ウフバタキ】。前日、ガイドのサオリさんに3つのリクエストを出しておいたので、まずはここではウミガメちゃん狙い!!果たして、見ることができるでしょうか。・・・海は今日も穏やか。まずは格好よくジャンアントストライドエントリー!そしてゆっくり潜降していくと、そこには『これぞ慶良間♪』と叫びたくなるほどの、一面のサンゴ礁☆^^* 透明度は30m近くあり、ハナゴイの群れが気持ち良さそうに泳ぎ、他にもセナキルリスズメやクロユリハゼなどがいたのでをのんびり観察☆ 南国の肌で感じていたその時、前方に別グループの人だかり。前を泳ぐガイドのサオリさんが、タンクを叩いて合図をしようとしていたので、それを見てピンと来た私は、人だかり目がけて猛ダッシュ!!! するとそこには・・・、ゆったり泳ぐタイマイ(ウミガメ)の子供を発見!!!*^0^* すぐさまカメちゃんの前に回り、ビデオ撮影♪ まだ恐怖心が無いのか、それとも気付いていないのか、私のカメラのほうにどんどん近づいてくるカメちゃん☆^^; その映像がコチラです・・・☆^^☆ ※カメの後ろで、はしゃぐゲストさん有り♪





皆さんこれが初カメちゃん!しっかり見れて良かったですね☆^^* …って、ゲストのNさん、みんながカメを見てる時に、1人だけ浮いちゃってましたね。^^; ※ガイドのサオリさんがしっかり対応してくれました♪^^; 最大水深は18m、潜水時間40分で1本目が終了~☆

P506014303.jpg P506014604.jpg P506015705.jpg


港で1時間の休憩後、2本目のポイントは【灯台下】。ここは水中トンネルがある地形ポイント♪^^* これもリクエストが通ったみたいで、一同大喜び☆ さて、準備万端!ゆっくりエントリーしていくと、さっそく水中トンネルがお目見え♪ ゆっくりトンネル内に入っていくと、さっきまで曇りだった空から太陽が顔を出したようで、トンネル内の天井の隙間から光が差し込み、何とも言えない幻想的な世界☆^^* 揺らめく光の影は、まさに癒しの揺らぎ♪ トンネル内には、アカマツカサやミナミハタンポなどがいたが、皆さんの目には届かず。^^; まぁヨイヨイ☆ お日様に感謝☆ トンネルを抜けたところで、ガイドさんが見せてくれたのは、今にも生まれそうなミミイカの卵♪ 肉眼では判り辛かったと思うので、しっかりマクロモードで激写!拡大したのをご覧くださ~い♪^^* 
最後に、みんなで手をつないで輪を作り、下からガイドさんに写真を撮ってもらいました~☆^^* これを皆さんやりたかったみたい♪ できて良かったですね☆^^☆ 最大水深は18m、潜水時間は40分で2本目終了で~す!!

P506017106.jpg P506017707.jpg P506019808.jpg P506021209.jpg



…聞くまでも無いとは思いましたが、皆さんに3本目どうするかをお聞きしたところ、『今日も~いけそうな気がする~♪』と、やっぱりちょいと懐かしい天津木村が吟じそうな感じで(大ウソです)、3本目も行くことが決定!☆^^☆ 器材をそのままボートに残し、一度着替えてランチタイム☆ 昼食のタコライスをお腹に入れ、集合時間までお部屋でのんびり♪^^* 前日同様、1時間くらいはお昼寝する時間があったので、皆さんお昼寝タイム!!…時間は15時。再びウエットスーツに着替えて、いざ3本目のラストダイブへ☆^^☆

その3本目。港に一番近いポイントの【ハナレビーチ前】。ポイント名にビーチと付くだけあって、ここは砂地ポイント。ここで狙うは、、、カエルアンコウ!!! 『え~、そんなのどこでも見れるや~ん』っていうブーイングが起きそうな最後のリクエストも通り、一同・・・というか、私が大喜び♪(お前かいっ!) さて、砂地にあるトライアングル状に形成された根には、2匹のカエルちゃんがいるとの事前情報。そこに的を絞り、エントリーして、その根まで一直線に移動!根の周りいるスカシテンジクダイやキンメモドキの群れには目もくれず、2匹のカエルちゃんを捜索。が、なかなか見つからない。++; すると、メンバーのOさんがしきりに私を呼んでいるではありませんかっ!『もしかして…』と思い近づいてみると、握りこぶしくらいのカエルちゃんを発見!!!Oさん見事にカエルちゃんGET♪^^* さすがプロダイバーを息子に持つ方ですね~☆(分かる人には分かるかな・笑) ハリウッド女優を追い回すパパラッチかっ!ってくらい写真を撮りまくり、続けてもう1匹のカエルちゃんを捜索。すると、別グループの方が何やら写真を撮っているのが見えたので、『これで残りのカエルちゃんも確定~♪』と思い、近づいてみると、、、ん??カエルちゃんがいることには間違いないようだが、、、見当たらない。++; 事前情報では2匹とも握りこぶしくらいの大きさなはず。。。よく目を凝らして見ていると、、、『ん?ん!?いた~!!!』今まで見てきたカエルアンコウの中で、一番と言っていいほどの擬態!カエルアンコウも見つからないようにするのに必死なんですね♪^^* 写真を撮りまくったのは言うまでもなく、この2匹のカエルアンコウで潜水時間は40分。渡嘉敷ダイブの終了で~す☆^^☆ 2日間ガイドをしてくれたサオリさん、ありがとうございました~!!!*^0^*

P506023210.jpg P506023611.jpg P506025412.jpg P506026613.jpg


片付け着替えを済ませ、渡嘉敷最後の夜!オリオンビールで乾杯☆^^* さらに沖縄と言えば泡盛☆ お酒が進んだところで、ガイドのサオリさん交えてのロギングタイム!2日間で6ダイブ☆ 皆さんよく頑張りましたね♪ お疲れ様でした~!!☆^^☆ 


5/7(火)。朝食後にチェックアウト。午前の船便で渡嘉敷から那覇へ。そして、お昼の便で那覇から羽田へ。15時過ぎに無事羽田空港に到着。無事に渡嘉敷島ツアーの終了です!!皆さん、ご参加頂きまして、誠にありがとうございました~!!!^^* 年末?年始??のパラオツアーに向けて、また潜りに行きましょうね~♪^^* ★感謝☆感謝☆

DSC0053601.jpg DSC0054102.jpg DSC0055203.jpg


その1から読んでみる・・・
http://diverx.blog80.fc2.com/blog-entry-1222.html


スポンサーサイト

どうも~☆


毎度ワクワク様でございます!!*^^*


今回は、5/4~7で行ってきました『沖縄・渡嘉敷島ツアー』の
ツアー報告その2をしたいと思いま~す♪^^*


【慶良間の海の物語…♪】

5/5(日)。こどもの日。まだ真夏とはいかないが、朝からムシムシと暑い。人一倍暑がりの私。もちろん夜からクーラーはガンガン!^^; 天気は曇り。切れ間から差し込む光が、なんとも幻想的な風景☆ 朝7時過ぎにレストランへ。朝食はバイキング式。皆さん経験がお有りだと思うが、この方式だと『あれも食べたい!これも食べたい!』となってしまい、案の定、取りすぎ状態食べ過ぎ状態…。^^; こうなることは分かっていながらも、やめられない私。『ん~、だってご飯が美味しいんだもん♪』 お腹も程よく満たされ(※満腹)、ダイビングの準備。港行きのトラックに乗り込み、いよいよ渡嘉敷ダイブのスタートでっす!!!^^*

P505000403.jpg P505000804.jpg P505001005.jpg


今回、我がチームをガイドしてくれるのは、おっとり系のサオリさん☆ 渡嘉敷に来てまだ数ヶ月の新人さんみたいで、応対が何とも初々しい。^^; さて、ボートに乗り込んでみたものの、GWだけあって、そこそこ大きいボート上はまさに満員御礼。でもゲスト3人組は、昨年の小笠原ダイブでこんな状況を経験していたので、《てんやわんや》とはならず一安心☆^^* 1本目のポイントは、港を出てすぐの砂地ポイント【アーファーの根】。アーファーとは沖縄の言葉で≪オニダルマオコゼ≫のこと。背ビレに猛毒があり、危険生物に挙げられるほどの魚。昔はここのポイントに多くいたのでこのポイント名が付いたらしいが、今はほとんどいなくなったそうだ。^^; …ポイントに到着。コンディションは良好!風も波もなく、とっても穏やか☆ 器材を準備し、格好良くバックロールエントリー!!!…水温は23℃。透明度は多少濁りがあるものの、15mといった感じ。潜降して、ゆっくり進んでいくと、砂地に点在する小さな根には、無数のキンメモドキとスカシテンジクダイ☆ イソギンチャクには、ハマクマノミとハナビラクマノミ♪ ちなみに、クマノミのことを沖縄では≪イヌビー≫と言うらしい。(サオリさん談) ハナミノカサゴやコールマンウミウシをのんびり観察☆ ファーストダイブということもあって、最大水深は10mで。潜水時間は50分で1本目が終了~☆^^*

P505003606.jpg P505003707.jpg P505004108.jpg


一度港に戻り、1時間ほど休憩したのち出発!2本目のポイントは、これまた港を出てすぐの砂地ポイント【離礁】。1本目のポイントから近いだけあって、水中の感じは【アーファーの根】に似ている。砂地を移動し、到着した根には、これまた無数のキンメモドキとスカシテンジクダイ☆ さらにここではヨスジフエダイの群れもいたりして、根の周りはとってもカラフル☆ 彦摩呂風に言えば、『これはまさに!渡嘉敷の宝石箱や~♪』^^; あ、ちなみにフエダイのことを沖縄では≪ミタロー≫と言うらしい。(サオリさん談) おぉ!!これはまさに、《ミタローをもじるヒコマロー》♪^^* …ん~、70点。※自分に甘い。 最大水深は10m、潜水時間は50分で2本目が終了~☆^^z

P505005009.jpg P505005410.jpg P505005711.jpg


…とまぁ、いつもの感じでいくと、この2本で終了の皆さんですが、今回は一味違う♪ 今回の旅のテーマである【思いついたことはやってみよう!】☆^^* とりあえず3本目をどうするか聞いてみたところ、『何だか~いけそうな気がする~♪』と、天津木村が吟じそうな感じで(ウソです)、初の3本目に挑戦決定!!!☆^^☆ 器材をそのままボートに残し、一度着替えてランチタイム☆ 昼食の塩焼きそばをお腹に入れ、集合時間までお部屋でのんびり♪^^* 1時間くらいはお昼寝する時間があったので、これで皆さんの体力も回復!!…時間は15時。再びウエットスーツに着替えて、いざ3本目へ☆^^☆

3本目のポイントへはボートで20分。島の北側にある【野崎】。今回の狙いはコブシメ!産卵時期を迎えているということで、卵が見られるかな~??^^* …さて、海況は相変わらず良好!エントリーすると、1,2本目とは違い、そこには綺麗なサンゴ畑☆ 透明度も20m以上あり、慶良間の海を改めて実感♪^^* そのサンゴには、デバスズメダイやアマミスズメダイ、ニセネッタイスズメダイの群れ☆ タテジマキンチャクダイも居たりして盛り上がっていると、サンゴの上をホバリングしているコブシメを発見!!!私たちが近づいても全く逃げる気配がなく、でも時より体の色を変えて、私たちを威嚇。^^; 『オスかな?メスかな?』 真相は分からなかったが、近くのサンゴの中を覗いてみると、まるでピンポン玉のような綺麗なコブシメの卵☆^^* あ、そうそう。ハマフエフキのことを沖縄では≪タマン≫と言うらしいです。(これまたサオリさん談) …って、いまハマフエフキ関係ないじゃん!^^;  …あっ!!ピンポン(タマ)のようなコブシメの(タマ)ゴ♪ ん~なるほどね~☆^^* …って無理矢理にも程があるよ~!!!>< そんなこんなで、無事に3本目が終了~☆^^;

P505007212.jpg P505010013.jpg P505010614.jpg

片付け着替えを済ませ、沖縄料理の夕食タイム!もちろん、オリオンビールで乾杯だよね~☆^^* 夕食後はサオリさん交えてのロギングタイム!今回のテーマ【思いついたことはやってみよう!】ということで、明日のダイブのリクエストをしてみよう!! その①、カメが見たい♪ その②水中トンネルをくぐりたい♪ その③カエルアンコウを見たい♪ リクエストが達成されるか楽しみですね!☆^^☆ それにしても、皆さん初3ダイブ、よく頑張りましたね♪ お疲れ様でした~!!^^☆ 

DSC0051901.jpg DSC0052002.jpg



その3に続く・・・
http://diverx.blog80.fc2.com/blog-entry-1232.html


どうも~☆


いつもブログをご覧頂き、
誠にありがとうございます~!!*^^*


今回は、5/4~7で行ってきました『沖縄・渡嘉敷島ツアー』の
ツアー報告その1をしたいと思いま~す♪^^*


【2013GW!沖縄ケラマへGO♪】

5/4(土)。GW後半の真っ只中。少し前まで《国民の祝日》と呼ばれていたこの日が、いつの間にか《みどりの日》に。『新緑の季節だからねっ♪』と言ったか否か。まぁ良い。1年中、頭の中が《海の日》というこの私にはあまり関係ないことだ。さて、今回向かうのは、世界に誇る慶良間の海【渡嘉敷島】☆^^* 3年ぶりの渡嘉敷島に心躍らないわけがない♪ 果たして、どんなツアーになるのだろうか。期待に胸ふくらませ、朝6時半、二俣川駅から羽田空港行きのバスに乗り、一路羽田空港へ!^^

…朝7時。無事に羽田空港に到着。GWだけあって、出発ロビーは大賑わい。^^; 集合時間までは1時間半もあるので、椅子に座りのんびりしていると、目の前に見覚えのあるご年配夫婦。旦那さんのほうはあまり覚えていないが、マスク姿の奥さんにはかなり見覚えがあった。《ん??Sさん(スイムクラブ時代の後輩)のお母さん??》と、頭の中で一瞬思ったが、2人はかなり急いでいたみたいで、声をかける暇もなく人ごみに消えていった。まさか、こんなところにいるわけないかっ☆・・・と、思っていたが、何気なくフェイスブックで今羽田空港に居ることをつぶやくと、Sさんのお姉さんから≪うちの両親も朝から羽田空港に行ってるみたいです!≫と、まさかのコメント!!^^; やはりそうだったのかな?? 真相や如何に・・・。^^*

…程なくして、メンバーさん方が到着。今回のツアーは、埼玉のお姉さま3名様によるリクエストツアー☆^^* 2009年のGWに3人仲良くライセンスを取得!無事に4年目に突入したわけであります♪ 今回のツアーの目標は【思いついたことはやってみよう!】…チェックイン済ませ、レストランで軽く腹ごなし。そして、搭乗口前に移動。9:30発の那覇便を待っていると、3人は早速あることを【思いついた】みたい。それは、搭乗口前にあった立ち食い寿司。『いつ食べるの?今でしょ!!』と言ったか否か、立ち食い寿司でビールと数貫の握りを注文。時間は9時過ぎ。搭乗していく乗客を横目に、私たち4名は至福のとき。この、江戸前寿司とビールの最強タッグを喰らい、何とか時間ギリギリに搭乗を済ませた一同でありました…☆^^;

羽田 寿司06

…時間は12時過ぎ。無事に那覇空港に到着。今回行く渡嘉敷島には、泊港から船での移動。なのだが、泊港から渡嘉敷島の船が出るのが16時。まだ4時間近く時間がある。++; ということで、まずは那覇空港内のお土産屋フロアーを、1時間近くかけて物色。『帰りも(買い物する)時間ありますからねっ!』という言葉は彼女たちには届かず、まだ渡嘉敷島にも到着していないのに、那覇空港でナカナカのお買いもの。^^; この買い物も【思いついちゃった】みたいですね♪^^☆ 



…13時半頃、一同は泊港へ移動。待合所に荷物を置かせてもらい、周辺をブラブラしようと思っていたところに、係りのお兄ちゃんから『ちょいと先に行ったところでお祭りやってるよ~♪』との暇つぶしの有力情報♪^^* 一同は迷わずそこへ移動すると、そこは《那覇ハーリー》会場!ハーリーとは、ドラゴンボートみたいなやつをみんなで漕いで競い合う、豊漁や海の安全を願っておこなう祭り…みたい。一同は、そのハーリーよりも港横にあった市場へ。漁港の横にあるだけあって、新鮮な海の幸がわんさか♪^^* ここでもまた【思いついちゃった♪】みたいで、生ガキ・生エビ・焼きホタテを食べ歩き~☆^^☆ 贅沢な昼食タイムとなりました…♪♪♪

DSC0048904.jpg DSC0049401.jpg

16時半。泊港からいよいよ渡嘉敷島へ向けて出発。所要時間は40分ほど。海況は穏やかでほとんど揺れもなく、17時過ぎ、無事に渡嘉敷島に到着。今回、宿泊とダイビングでお世話になる【シーフレンド】さんの送迎バスに乗り込み、移動。15分程でシーフレンドさんに到着。ダイビングサービスと宿泊施設、レストランまで併設されている為、移動のストレスが無いところが、シーフレンドさんの魅力☆ しかも、今回泊まることになった部屋は、新たに併設されたテラス付のお部屋♪^^* いや~ツイテルツイテル☆ 荷物を置き、夕食の時間まで、宿から歩いて1分の阿波連ビーチで癒しの時間☆ その後、夕食タイムで盛り上がったのは言うまでもなく、渡嘉敷初日の夜が更けていくのでありました…☆^^☆

DSC0050803.jpg DSC0051505.jpg DSC0051602.jpg


その2へ続く・・・
http://diverx.blog80.fc2.com/blog-entry-1230.html


ダイビング スキンダイビング スノーケリング ジュニアダイビング 子供のダイビング シュノーケリング スキューバ スクーバ 鶴間 西鶴間 下鶴間 深見 ひばりが丘 小松原 上草柳 大和 横浜国際プール 綾瀬 海老名 座間 厚木 瀬谷 さがみ野 中央林間 南林間 つきみ野 ライフスポーツ鶴間 エバーブルー 課外活動 親子でダイビング ダイビングライセンス Cカード NAUI CMAS PADI 

尾崎 慎太

Author:尾崎 慎太
NPO法人
『エバーブルージャパン』 代表理事

・NAUIダイビングインストラクター
・NAUIコアスペシャルティINST
・NAUIレスキュースペシャルティINST
・NCFAインストラクター
・CMAS=JEFF2スターINST
・日本体育協会認定
 スクーバダイビング指導員
・日本スノーケリング協会認定
 スノーケリングインストラクター
・(社)日本キャンプ協会
 キャンプ指導者
・(財)日本レクリエーション協会公認
 レクリエーションインストラクター
・潜水士

~人生のミッション~
『子供達が憧れる大人になり、
夢を持ち続けさせること』


-天気予報コム- -FC2-
QR