≪ 2017 04                                                2017 06 ≫
 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -

どうも~☆


毎度ワクワク様でございま~す!!*^0^*


今日は、7/30~31で行きました『南伊豆・ヒリゾ浜ツアー』の


ツアー報告をしたいと思いま~す♪^^*



7/30(火)。梅雨明けの猛暑から一転、梅雨空が続いた7月中旬。そして夏休み。安定しない天気に苛立ちをみせる人々。しか~し!!スーパー晴れ男のこの私が居れば、無問題(モウマンタイ)!NO問題なわけですよ~♪^^* 何の根拠もない晴れを期待して、朝6時にセンター南駅へ。今回ご参加のメンバーさんは5名様!南伊豆の秘境☆ヒリゾ浜へレッツゴー♪^^☆ さて、そのヒリゾ浜へ渡る船が出る中木までの移動時間は約5時間。途中3回ほど休憩をとったが、10時には南伊豆の中木に到着。天気は快晴☆ 駐車場もそこそこ空いている。やっぱり平日だよね♪^^* 今回お世話にお宿『浜の家(ハマネ)』さんで着替えを済ませ、ウエットスーツに着替えて、ヒリゾ浜へ渡る船の乗船券を購入し、いざ、ヒリゾ浜へ!!…船で2,3分、ヒリゾ浜に到着。浜はすでにパラソルやテントなどがビッシリ。何とか隙間を見つけてベンチ付きのテーブルをセッティングし、まずは軽く腹ごしらえ。お腹も心も戦闘態勢に入り、いよいよ海へ☆ まずは浅瀬で軽くウォーミングアップ…しようとしたとき、岸のほうに見覚えのあるお顔。…なんと!横国メンバーのタエコさんではありませんか!?お友達を来ていたようで。いや~、世間は狭いですね。^^; さてさて、少しずつ沖へ出て行くと、透明度は20m以上!少し沖に出たところで、流れに逆らうようにキンギョハナダイやソラスズメダイの群れをゆっくり観察☆^^* さらに沖に行くと、流れはさらに強くなり、泳いでいないと流されてしまうほど。++; 皆さんは普段から練習をされているので大丈夫ですが、全くのシロウトさんだと、この流れは危険ですね。^^; まぁ、万が一流されてしまった時ように、漁船のおじさんがスタンバイしているので、大丈夫なのかな。それでも、皆さんも少し疲れてしまったようなので、岩の上でしばし休憩…☆^^; 休憩後は、浜の近くにある岩穴へ移動。トンネル内から見る景色は、まずで青の洞窟かな♪^^* のんびりスノーケリングを楽しみ、時計を見れば、いきなり2時間近く泳いでいました。^^; 一度上がり、給水タイム☆ そのあとも、1時間のスノーケリングを楽しみ、初日のスノーケリングが終了~☆^^☆ 宿に戻り、片付けと着替えを済ませ、夕食タイム♪ チンカチンカのルービー(よく冷えたビールの事)で乾杯!海の幸を美味しくいただき、お部屋でおしゃべりタイム♪^^* 朝も早かったんで、早めの就寝となりました・・・☆^-^☆

DSC00710.jpg DSC0063901.jpg DSC0067703.jpg DSC0065102.jpg
 
DSC0067904.jpg DSC0069105.jpg DSC0069806.jpg

7/31(水)。雲の切れ間から太陽が顔を覗かせ、今日も暑くなりそうな朝7時。朝食を済ませ、早々にチェックアウト。ウェットスーツに着替え、渡し舟のところへ。8時半から出る船着き場には、すでに50人くらいが並んでいた。これが週末だったら大変なことになるんだな~。。。・・・時間は8時半。数隻ある渡し舟が一斉に動き出し、意外とすんなり乗船することができ、一堂ヒリゾ浜へ☆(Nさんはお留守番) 荷物だけが置けるスペースをGETし、いざ海へと出発~☆^^* 泳ぎ始めてすぐの水面付近で、のんびり泳ぐアオリイカの子供を発見!そして沖へ。少し潮が引いていたので、前日よりも水深が若干浅くなっていたが、流れは前日以上。しかし、25m以上は見えるであろう抜群の透明度♪ 今日もソラスズメダイ、キンギョハナダイの群れが気持ち良さそうに泳ぎ、タカベの群れとキビナゴの群れにも遭遇♪^^* 他には、チョウチョウウオ、カゴカキダイ、タカノハダイなどなど。。。時計を見れば、2時間近くのスノーケリング☆^^; 午前中でスノーケリングは終了で~す☆^0^☆ 

片付け・着替えを済ませ、中木をあとに。下田まで移動し、下田駅前にある《徳造丸》で、海の幸に舌鼓♪ ここに来たら必ず注文するのが、金目の煮付けですよね~☆^0^☆ 大満足で帰路につき、無事にヒリゾ浜ツアーが終了しました♪ ご参加頂きました皆様、ハマネのおばちゃん、そしてヒリゾ浜の海にも★感謝☆感謝★ ありがとうございました~!!!*^0^*

DSC0070007.jpg DSC0070508.jpg DSC00708a.jpg

DSC00711.jpg DSC00712.jpg


スポンサーサイト
ダイビング スキンダイビング スノーケリング ジュニアダイビング 子供のダイビング シュノーケリング スキューバ スクーバ 鶴間 西鶴間 下鶴間 深見 ひばりが丘 小松原 上草柳 大和 横浜国際プール 綾瀬 海老名 座間 厚木 瀬谷 さがみ野 中央林間 南林間 つきみ野 ライフスポーツ鶴間 エバーブルー 課外活動 親子でダイビング ダイビングライセンス Cカード NAUI CMAS PADI 

尾崎 慎太

Author:尾崎 慎太
NPO法人
『エバーブルージャパン』 代表理事

・NAUIダイビングインストラクター
・NAUIコアスペシャルティINST
・NAUIレスキュースペシャルティINST
・NCFAインストラクター
・CMAS=JEFF2スターINST
・日本体育協会認定
 スクーバダイビング指導員
・日本スノーケリング協会認定
 スノーケリングインストラクター
・(社)日本キャンプ協会
 キャンプ指導者
・(財)日本レクリエーション協会公認
 レクリエーションインストラクター
・潜水士

~人生のミッション~
『子供達が憧れる大人になり、
夢を持ち続けさせること』


-天気予報コム- -FC2-
QR