≪ 2017 04                                                2017 06 ≫
 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -

どうも~☆^^☆

いつもブログをご覧頂き、
誠にありがとうございます!!!(^^)/

今回は、4/12~19で行ってきました『パプアニューギニアツアー』の
ツアー報告最終話をお送りしたいと思います♪(*^^)v


【最後まで目が離せない♪】

4/18(土)。ツアー7日目。昨日でダイビングが終了し、今日の朝はゆっくりできるぞー☆なんて思いつつも、目覚ましも掛けずにしっかり6時起き。この時間に、完全にカラダが慣れてしまったらしい…(^^;; というわけで、いつもどおり7時に食堂へ。皆さんも7時ごろ集まり、慣れた感じで朝食の準備。そう言えば、昨晩予定をしていた、リゾートから車で10分くらいのところにある“ホタルが集まる木”を見に行くオプショナルツアーは、大雨の為中止に。その雨は朝には上がっていたが、今日の午前中に予定しているオプショナルツアーに影響はないか、内心ドキドキしていた…(^^;; すると、食事中の我々のところへガイドさんが現れ、『今日のホットリバーツアーは予定通り行うぞ!準備をして9時半に集合してくれ!』とのこと。良かった良かった♪(*^^*) ホットリバーとは、その名前の通り、温かい川☆ 湧き出た温泉が川に流れてちょうど良い温度になっているらしい☆ 嘘か誠か、果たしてどんなものなのか…。確かめるべく、水着に着替えて、時間は9時半。水のペットボトルを片手に、車に乗り込む一同でありました…。d( ̄  ̄)

…ホットリバーまでは車で約50分。到着まで車内でのんびり☆…なんてできたもんじゃない(*_*) リゾートを出てすぐの道こそ綺麗に舗装されていたが、10分もすると、そこはお尻が浮くほどのガタガタ道。ぷちアトラクション状態の山路を、四駆車でグイグイ進んで行く。基本的に信号はもちろん、標識も無い。なので、あとどのくらいなのかも分からない。頼りになるのは時間だけ。リゾートを出発して50分くらい経ったころ、車は道も無い林の中へ。『着いたぞ!』という声で車の外を見てみると、左手20mくらい先に、川が見えた。ようやくホットリバーに到着!!(≧∇≦) 水着姿で入水していく皆さんを写真に収め、さらにガイドが取ってくれた美肌になるという赤土でフェイスペイント☆(o^^o)☆皆さんの顔をパシャリ♪ そして、早速私も入水開始!!“きっ、気持ちいい~♪” 水温は38℃くらいで、天然スパのような感じ☆ また、この景色が最高の癒しに…☆(*^^*)☆ パプアに来て、温泉に入れるとは思わなかったなぁ♪( ´▽`) この後、なぜか私も顔にペイントしてもらい(笑)、雨が降り出したところで、撤収。時間にしたら30分くらい、ホットリバーツアーの終了です!!(=´∀`)人(´∀`=)

DSC0138407.jpg DSC0139108.jpg P418222166.jpg

…リゾート到着後、食堂でランチタイム☆ 午後は夕食までマッタリタイムです♪(´ε` ) 夕方、預けていた器材が届き、ビックリするくらいホッカホカに!しっかりと乾いていて、一同これには大喜び!(^-^)/ 軽く荷造りをして、パプア最後のディナータイムへ☆ 最後の晩餐なので、打ち上げでーす!!*\(^o^)/*…といきたかったのですが、翌日のチェックアウトが早朝なので、軽くお酒を酌み交わし、静かにパプアの夜が更けていくのでありました…☆(o^^o)☆


4/19(日)。ツアー最終日。日本へ帰国します。朝4時半にお願いしていたモーニングコールだが、その少し前に目が覚める。ゆっくり準備をしていると、外から突然『グッドモ~ニ~ング♪』という人の声。どうやら、スタッフさんが起こしにきてくれたらしい。なるほど。これがパプア流モーニングコールか(笑) 準備をしてフロントへ。チェックアウトを済ませ、軽く朝食。時間は5時半。リゾートスタッフに見送られて、ほぼ1週間滞在したワリンディリゾートを出発。スタッフの皆さん、大変お世話になりました!!ありがとうございました!!*\(^o^)/*

…ホスキンス空港まで車で約1時間。運転手は、行きにもお世話になった強面のおじちゃんだ。時間は6時30分を少し回ったところ。ホスキンス空港に到着。チェックインを無難に済ませ、搭乗開始を待ちます。強面のおじちゃんはというと、私たちが飛行機に乗るまで、ちゃんと見ててくれます。時間は搭乗開始時刻の7時40分。飛行機の準備が整ったようなので、おじちゃんと握手を交わし、ゲートへ。ホスキンス出発~!…といくはずが、ゲートでチケットを見せると、『あ~、この飛行機はまだ出ないよ!9時くらいかな?』との説明。なんだと?(*_*)まだ1時間以上もあるではないか。(*_*) そんな私たちの姿を不思議に思ったおじちゃんが係員のところへ。おじちゃんの話によると、どうやら私たちが乗る飛行機は、まだ到着していないらしい。(ー ー;) しかも、到着時間は9時か10時。いやいや、めっちゃ時間あるや~ん!!(>人<;) そもそもこの空港、飛行機の案内板のようなものが一切無く、全く聞き取れないアナウンスがたまにあるだけ。恐るべしホスキンス。まぁ待つのは構わないが、その前にトイレに行きたい…とメンバーさん。ここにもトイレはあるが、到着日に利用したメンバーさんの話だと、ちょっと色んな意味で使い辛い…(汗)とのこと。(*_*) ん~どうしようか…。そんな状況を見兼ねたおじちゃんが、私たちを近くのホテルへ連れてってくれ、無事にトイレタイム(笑) その後、飛行機が到着が到着するまで送迎車に乗せてもらい(チェックイン後にも空港の外に出られるくらいのところです!笑)、息子も同じリゾートでドライバーとして働いていることや、40年前に日本に行ったことがあること…などなど、おじちゃんとの会話を楽しみ、10時過ぎにやっと飛行機が到着!!おじちゃんに別れを告げ、ホスキンスを出発する一同でありました☆ おじちゃんありがとう!!o(^▽^)o

attachment0068.jpg

…ポートモレスビー空港に到着。また現地日本人スタッフさんが待っててくれたので、まずは13日の夜にあった一悶着事件のお礼を…(笑) チェックインを済ませ、免税店でコーヒーなどのお土産を買い込んで、時間は14時過ぎ。ポートモレスビーから日本へ出発。そして、日本時間の19時過ぎ、成田空港に到着!パプアニューギニアツアーが無事に終了でーす!!ツアーにご参加頂きました皆様、ありがとうございました!!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

最後までブログをお読み頂いた皆様にも感謝☆感謝でごさいます!!♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪


その1から読んでみる⇒http://diverx.blog80.fc2.com/blog-entry-1458.html



スポンサーサイト

どうも~☆^^☆

いつもブログをご覧頂き、
誠にありがとうございます!!!(^^)/

今回は、4/12~19で行ってきました『パプアニューギニアツアー』の
ツアー報告その5をお送りしたいと思います♪(*^^)v


【ダイビング最終日】

4/17(木)。ツアーは6日目。このリゾートに来て4回目の朝を迎えるが、朝だけでなく夜も、思いの外冷んやりと涼しい。(※女性陣には寒かったらしいが) 熱帯気候なので四六時中暑いようなイメージのパプアニューギニアだが、ジャングルに囲まれているせいか、自然の涼しさがそこにはある。無論、寒がりの方にとっては、“半袖短パンしか持ってきませんでした…”といった状況は、かなり厳しいものがある。さらに、暑さ寒さ以外のことでいうと、ここには虫(ハエや蚊)がビックリするほどいる。とくに虫刺され対策を必須。何もしないと、外に数分いるだけで、蚊に数か所刺されてしまう。日焼け対策もしなければいけない女性陣にとっては、“日焼け止めをとるか、虫除けをとるか…”と、毎日頭を悩ませたようだ。だが、日焼けも虫の多さも、元々多いところに我々が来たのだから、文句の言いようがない。d( ̄  ̄) 軽く虫除けをカラダにふりかけ、朝7時に食堂へ。食堂にはすでに皆さんの姿。この頃になると、少し早めに来て、パンを焼きながらコーヒーを飲むという皆さんのスタイルが確立されていた。朝食ものんびりです♪(^-^)/ 時間は8時すぎ。ゆっくり港に向かい、今日も元気なダイビングスタッフを横目に器材のチェック。荷物を乗せ、忘れものを確認し、最終日のパプアダイブへ出発です!!(^o^)/


・1本目 ポイント名『South Ema』気温30℃ 水温30℃ 透明度20~25m

ボート上には、3名のダイビングスタッフ、我々6名、初日からずっと一緒のオーストラリア人の兄ちゃん、昨日から引き続き参加のマッチョなカナダ人、それからお初が2名。下っ腹がぽっこり出た白人のおっちゃんと、男性ホルモンがめっちゃ濃そうな非常勤スタッフらしき人。何だが賑やかになったなぁ。(^^;; さて、1時間ほどでポイントへ到着。まずはブリーフィングです。どうやら、水深25m付近に水中トンネルがあるとのことなので行ってみることに!今日はどんな魚に出会えるかな~☆ 天気も海況も良好!ゆっくりと準備をして、エントリー開始☆ …やはり水面付近が若干濁っているものの、透明度は20~25mといったところ。ブリーフィングであったように、まずは水中トンネルを目指して水深を落としていきます。20mを超えてもまだまだ落としていきます。“えっ?どこまで行くの??”と思い、水深を見てみると…31m!!おいおい、予定よりだいぶ深いじゃねーかよー(笑) そしてトンネルの入り口に到着したもよう。トンネルに入っていく皆さんを追うように下降を始めた…そのとき、岩の向こう側にガイドさんの姿が。(^^;; あれ?もう出て来たの??(笑) どうやら水中トンネルの距離は10mくらいしかなく、ちょっとした輪っかくぐりみたいな感じで皆さんが現れたので、トンネルには行かずにその場で待機。皆さんが上がってくるのを待っていると、そこに現れたのは、大きなアラレフグ!逃げ足は遅いので、ゆっくり撮影☆(^-^)/ しかし、ゆっくりもしていられない水深なので、皆さんと一緒に水深を20mまで上げていきます。相変わらずサンゴ礁が見事!イナズマヤッコ(黄色と青のコントラストが好き☆)やスパインチークアネモネフィッシュ(ヒゲのついたキツイ顔が好き☆)、他にもマダラタルミの群れに、バラクーダの群れ、カスミチョウチョウウオの群れなどなど。のんびりフィッシュウォッチングをして、最後に皆さんで一緒に記念撮影☆(^-^)/ 安全停止をしっかりして、1本目が終了です♪

P417262453.jpg P417262954.jpg P417263655.jpg

P417264256.jpg P417264357.jpg P417264958.jpg



ゆっくりと次のポイントへ移動。休憩中、スタッフさんが飲み物とお菓子をくれます。自分でもお菓子や飴を持ってきていた皆さん。お返しに☆とスタッフさんに渡したのが、なんとわさび煎餅♪(^^;;きっと、『オーマイガー!!なんだ、この鼻にツンとくる食べ物は!!』ってなるぞ~(笑)…と、期待をしていたのに、『うん!スパイシーで美味しいね!ワサビみたいだね!あっ、ワサビなの?うん!とっても美味しいよ☆』…と、リアクション芸人の出川氏が聞いたら怒りそうな返し。(ー ー;) わさび煎餅は、普通に美味しかったようです☆(^^;;


・2本目 ポイント名『Susan's Reef』気温30℃ 水温30℃ 透明度20~30m

さて、パプアダイブも10本目。これがラストダイブです。ブリーフィングではピグミー情報が!撮ったるでぇ~♪(≧∇≦)と気合い入りまくりで、ダイビングスタート!!…エントリーすると、透明度は30mくらい☆ 陽の光も入って、すごく明るく見える水中です。すると、5分もしないうちに、ガイドさんがピグミーを発見!!大きさは1cmほど。マクロレンズを装着して、全神経を集中させて、写真を撮りまくり!!ん~♪なかなかいい感じで撮れたぜ~♪(´ε` ) と、喜んでいると、ガイドがまた別のところでピグミーを発見!!ここでも一心不乱にシャッターを切りまくり、この時点で俺のダイビングは終了していたかも(笑) しかし、ピグミーが1ダイブで2匹も見られるなんて!幸せだな~☆(*^^*)☆ 他には、ミゾレウミウシやクロスジギンポなどなど。見事な枝サンゴに群がる小魚たちを写真に収め、そんな魚たちと一緒に女性陣をパシャリ☆(^_−)−☆ 潜水時間は60分、無事にパプアダイブの終了でーす!!(o^^o) ダイビングスタッフの皆さん、ありがとうございました!!*\(^o^)/*

P417265359.jpg P417265760.jpg P417268863.jpg

P4172663a61.jpg P4172673a62.jpg P417269964.jpg P417272865.jpg


船はランチ休憩後に港へ。ダイビング終了ですが、器材はスタッフが洗って乾かしといてくれるので、そのままで部屋に戻ります☆ 夕方まで各々部屋でのんびりし、いつもの時間にロギング開始。そのロギングが終わるころに、いつものようにチリンチリン♪ ディナータイムのスタートです!ただ、いつもと違うのは、翌日ダイビングが無いということ。打ち上げ☆というわけで、お酒の量がいつもより増えたのは、言うまでもありませんね…♪( ´▽`)

moblog_c3a6d61b.jpg


最終話へ⇒http://diverx.blog80.fc2.com/blog-entry-1470.html



どうも~☆^^☆

いつもブログをご覧頂き、
誠にありがとうございます!!!(^^)/

今回は、4/12~19で行ってきました『パプアニューギニアツアー』の
ツアー報告その4をお送りしたいと思います♪(*^^)v


【ワイド全開!マクロも全開!!】

4/16(水)。ツアーは5日目を迎えた。とりあえずテレビをつけ、近所のコンビニで買ってきた新聞を読み、おにぎりを頬張る…、なんて普段の生活からは掛け離れた世界にいる。なので、ここで一曲。
『は~テレビもねぇ!ラジオもねぇ!車は全く走ってねぇ!ピアノもねぇ!BARもねぇ!(※あ、BARはある!笑) おまわり毎日ぐーるぐる(※してない…笑) 草原に 牛がいて 2時間以上の散歩道!電話もねぇ!(※WiFi有) ガスもねぇ!(※資源国なのであるはず) バスは1日1度来る~!!(※いや、1度も来ません…笑) 《By吉幾三》
…そんな、何もないのんびりとした生活にもだんだん慣れてきて、いつしかそんな生活が、最高の時間にさえ感じてきた☆(*^^*)☆ …さて、曇り空ではあるが、朝方まで降り続いた雨が上がっただけでも良しとしようd( ̄  ̄) 少々風があるのが気になりながらも、7時に食堂へ。このリゾートに来て3回目の朝食。各々ペースが掴めたようで、慌てることなく、ここでものんびり☆ 朝食後も食堂でのんびりする方もいれば、一度部屋に戻り、ダイビングの準備をしてくる方もいる。ここでは、自分のペースで時間を有効に使うことができる♪(´ε` ) …時間は8時半。港に集合。今日も陽気なダイビングスタッフの皆さんが準備をしてくれたマイ器材をチェックして、荷物を乗せ、いざ!パプアダイブ3日目のスタートでっす!!!( ^ω^ )


…ボートにはスタッフ3名と私たち、オーストラリア人のお兄ちゃんの他に、今日から新たなメンバー登場。全盛期のチャックウィルソンのような、ゴリゴリマッチョなカナダ人!(^^;; 『スゴイ外国人来たな~』と思っても、我々だってここでは外国人!テルマエロマエ風に言えば、《平たい顔族》なわけだ!(笑) …出航して15分ほどのこと。船長さんが『向こうのほうにドルフィンがいるぞ~!』と教えてくれたので、身を乗り出し、前方付近を見てみると…、えっ、何も見えない。(^^;; 遥か先の方まで見てみても、全くドルフィンのドの字も見えてこない。(*_*) 『この人(船長さん)、どんな視力してるだよ~(笑) もしかしてテキトーに言ってみたんじゃないの~??(笑)』…と、ちょっと疑いだした…その時!ようやくイルカの背びれを発見!!そこから船は大きく旋回し始め、その船を追うようにして、10数頭のイルカたちが、まるで大人に遊んでもらう子供のように、ここぞとばかりに飛び跳ねます☆(≧∇≦)☆ 時間にすると数分でしたが、野生のイルカにいきなり感動♪( ´▽`) 進路をもとに戻し、ポイントまで移動するのでありました…☆(^-^)/

P416246238.jpg


・1本目 ポイント名『Inglis shoals』気温30℃ 水温30℃ 透明度15~30m

ポイントに到着。ブリーフィング後、ゆっくり準備をしてエントリー開始です!…今日も水面付近の透明度は15mくらい。ゆっくり水深を落として行くと、徐々に視界が開けてきて、根に到着するころには、30mくらいは見えるように!根頭に到着するや否や、そこをグルグル旋回する2m弱のグレイリーフシャーク!人を襲うことは滅多にないので大丈夫☆…と思っていても、相手は野生のサメ。やはり、ちょっとだけビビります(笑) もちろんこの場所もサンゴが綺麗で、イナズマヤッコやロクセンヤッコ、カスミアジやモンガラカワハギ、ホホスジタルミの群れなどなど。他には…なんて探していると、、、ん?んん!? そこにいたのは、なんとコブシメ(イカ)!! いないことは無いのかもしれませんが、今まで海外で(沖縄以外で)見たことが無かっただけに、これには感動!!(≧∇≦) しかも、ちょうど数匹のオスが1匹のメスを取り合い、体の色を変えて求愛行動をとっています♪『ケンカはやめて~!私のために争わないで~!』と、メスが言ったか言わないか…(笑) かなり長いこと写真や動画を撮ることができました☆(^-^)/ 後半はマクロモード。イソギンチャクエビやコマチコシオリエビなどを撮りまくり、潜水時間は60分で1本目終了でーす!(o^^o)

P416246939.jpg P416247540.jpg P416251741.jpg

P416252943.jpg P416252742.jpg


・2本目 ポイント名『Kirsty jayne's Reef』気温30℃ 水温30℃ 透明度20~25m

朝から気になっていた風はなかなか収まらず、パチャパチャ水面を揺らしていた。その揺れが影響し、メンバーの1名が船酔いでダウン。『この姿勢が楽だから…』と、うずくまるメンバーさんを見て、ダイビングスタッフが私に、『(あの方は)大丈夫か?減圧症か?酸素あるぞ?』と、すごい心配をしてくれた。『seasick(船酔い)だから大丈夫だよ!』と伝えても、彼らは船が港に帰るまでメンバーさんをすごく気遣ってくれました☆(^-^)/ …さて、船は次なるポイントへ。ブリーフィング後、準備をして2本目開始です!エントリーして、ドロップオフをゆっくりと移動。日本でいうところのハナゴイ、紫色のラディフュージュラーの群れが、サンゴ礁の間をすり抜けていきます。こんな景色を見てるだけでも楽しいんですが、やっぱり気になるマクロ生物!(^^;; ブリーフィングで話していた“ヤツ”を血眼で探します。すると、意外とすんなりガイドさんが見つけてくれました(笑) ウミウチワにいたのは、体調1cmほどのピグミーシーホース!!(^o^)/ いつ見ても愛くるしいの~☆(*^^*)☆ なかなか合わないピントに苦労しながらも、なんとか写真に収め、他にも2cmほどのイソバナガニを写真に収め、2本目終了~♪(´ε` )

P416253744.jpg P416256046.jpg P416257347.jpg

P4162556a45.jpg P416258048.jpg


・3本目 ポイント名『Chrithtine's Reef』気温30℃ 水温30℃ 透明度20m

ここでランチタイム☆ ちょっと水面がパチャパチャしていますが、仕方ありません。(*_*) ランチ後、スノーケリングタイムもありましたが、さすがに今日は休憩…(^^;; それでも、頑張って本日も3本目に行くことが決定! ブリーフィング後、早速エントリーです☆(^-^)/ …透明度は悪くありませんが、私の大好きなマクロダイブ☆(*^^*)☆ イソギンチャクモエビ、イソギンチャクモドキカクレエビ、ナデシコカクレエビ、ナマコマルガザミ、あとウミウシが数種類…。マクロは『小さくて見えないんだもーん!』という皆さん。そんな皆さんの為にしっかり写真を撮って、ロギングのときに見せてあげると、『あらっ♪こんな可愛いのがいたのね♪』…っていう反応をするので、それが好きです(笑) 潜水時間は60分。3本目が無事に終了です!!(^o^)/

P416258749.jpg P416259552.jpg P416259950.jpg P416260451.jpg


港に戻り、器材をそのままスタッフに預けて部屋に戻ります。シャワーを浴びたら、まずは30分昼寝です☆(^^;; ロギングまでに写真と動画を整理して、少し早めに食堂へ。お魚図鑑で魚の名前を調べていると、スタッフさんがポップコーンのおつまみを持ってきてくれました☆(*^^*)☆ そして、夕方6時からロギング開始。すると、出てきたのは人数分のポップコーン!ご飯前にちょうどいいおつまみです♪(^-^)/ スタッフさんの心配りが嬉しいですね☆(*^^*)☆ …そして時間は夜7時。チリンチリン♪という音色がテラス席に響き渡り、ディナータイムに向かう一同でありました…☆♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪☆


その5へ⇒http://diverx.blog80.fc2.com/blog-entry-1469.html



どうも~☆(^・^)☆

いつもブログをご覧頂き、
誠にありがとうございます!!!(*^^)v

今回は、4/12~19で行ってきました『パプアニューギニアツアー』の
ツアー報告その3をお送りしたいと思います♪(*^^)v


【驚きの連続!!】

4/15(火)。ツアー4日目の朝を迎えた。夜中にビックリするようなほど雨が降ったが、 日差しが見えてひと安心♪(^-^)/私たちが泊まっているプランテーションハウスの周りだが、背丈くらいのものから、10m近くありそうなものまで、木々が生い茂っている。しかし、そのひとつひとつがしっかり手入れされていて、スタッフの心配りが見て取れる☆(*^^*)☆ 7時より少し前に食堂へ移動。ダイビングに行く準備をして…だが、昨晩のこと。ディナー中の我々のところに、例のボスが現れて、『明日の(港への)集合時間だが、8時と8時半、どっちがいい?』と聞いてきたので、『もちろん8時半!』と、皆で即答。(笑) …というわけで、前日ほどバタバタしないで済みそう☆だけど、食後にまた戻るのも面倒なので、ダイビングに行く準備したというわけだ。食堂に着くと、そこにはすでに皆さんの姿が。(^^;; コーヒーを入れ、パンを焼いて…。行動が早いな~(笑) 私は前日同様、フレンチトーストと目玉焼きとベーコンを注文。置いてあったオレンジジュースと共に朝食タイム☆ …そうそう、このリゾートでは、唯一この食堂がある建物内でのみWiFiが使える。しかし、その電波はかなり弱いし不安定。私も現地から何とかブログを更新していたが、かなり時間が掛かった…(^^;; …さて、朝食も済んだところで、ゆっくり港へ移動。すると、そこにはすでに皆さんの姿が。(^^;; まだ時間前だというのに、早いっすね~(笑)セッティングがしてある自分の器材を確認し、ボートに荷物を乗せ、いざ!パプアダイブ2日目のスタートでっす!!(^o^)/

P415231722.jpg


・1本目 ポイント名『Brandford shoals』気温30℃ 水温30℃ 透明度15~30m

ポイントまでは約1時間。海は今日も穏やか☆(^-^)/ メンバーは前日とほぼ同じ(ボートキャプテンが変わったかな?) 今回潜っている場所は、パプアニューギニアの北部に位置するニューブリテン島にある《キンベ》というところ。大きな湾になっているので、比較的穏やからしい。日光浴をしながらのんびりしていると、ポイントへ到着。ガイドさんのブリーフィングをしっかり聞きます(全部英語です)。相変わらず準備が早いオーストラリア人のお兄ちゃんを横目に、私たちはのんびりと準備をします☆ 準備が整ったところでエントリー!!…水温は30度。水面付近の透明度は15mくらい。船のほぼ真下にある根に、ゆっくり潜降していきます。…と、そこには、今まで見たことのない風景が…。ギンガメアジの群れと、ひとつの根を覆ってしまいそうなほどのバラクーダの大群!!!圧倒されながらも、すかさず写真と動画を撮りまくり!!(≧∇≦) そのバラクーダの大群、根の上下を行ったり来たり。そしてトルネード。今までもバラクーダの大群には遭遇してきたが、こんなにも早く、こんなにもず~っと見ることができたことは一度も無かった。(^◇^;) いや~、まさに初めての体験♪他の魚の存在を忘れるほど。正直後半、『バラクーダ…ちょっと見飽きたな…』って思うほど、バラクーダを見ることができました(笑) 潜水時間は50分で1本目終了でーす☆(o^^o)☆

P415232523.jpg P415233324.jpg

P415233825.jpg P415235126.jpg P415236227.jpg


・2本目 ポイント名『North Ema』気温30℃ 水温30℃ 透明度20~30m

バラクーダの興奮冷めやらぬ中、次のポイントへ移動です。そして20分ほどで到着。そうそう、1ダイブ終わるごとにスタッフさんが《最大水深》と《潜水時間》を聞いてきます。なので、ダイブコンピュータはもちろん必須!DECO(減圧停止)が出ないように、しっかり自己管理しなければいけません!(^-^)/ …さて、ガイドさんのブリーフィングをしっかり聞き、7割くらい理解したところで(アカンやん!)、準備をして早速エントリーでっす☆( ^ω^ )☆ …透明度は20~30mくらい。太陽の光もあって、ものすごく明るく見える水中。まずはゆっくりドロップオフを進んでいきます。サンゴも見事ですが、イソギンチャクも見事で、セジロクマノミや変わった模様のハマクマノミ、そしてまた変わった模様のハナビラクマノミなどがいます。壁の窪みを覗くと、そこに居たのはニチリンダテハゼ!早速マクロレンズを付けて対決です!d( ̄  ̄)…と思いきや、レンズを装着した音に驚いて穴の中へ。(ーー;)…と思いきや、数秒で穴の外へ。(^^;; このチャンスを逃すまい!と、かなり近づきパシャリ。2,3枚撮って『おっ!コイツはなかなか逃げないぞ♪』…と思いきや、また穴の中へ。(・・;) 『やっぱりもうダメかな~』…と思いきや、数秒で穴の外へ!…どないやね~ん!!(笑) 結局、かなりの枚数を写真に収めることができ、満足×2☆(*^^*)☆ 他には、コクテンフグ、カンザシヤドカリの仲間、ウミシダウバウオ、クロオビアトヒキテンジクダイなどなど。あとは、とにかく枝サンゴの量が凄かった!!サンゴ礁とそこに群がる小魚…☆ それを見てるだけでも、かなり癒されました♪(´ε` ) 潜水時間は50分、2本目が無事に終了~!!

P415237128.jpg P415237329.jpg P415238130.jpg

P415239931.jpg P415241832.jpg


・3本目 ポイント名『ZERO』気温30℃ 水温30℃ 透明度10~15m

ここでランチタイム☆ 天気もいいし海も穏やか!ということで、本日は3ダイブをすることに♪( ´▽`) しっかり休憩を取って、まずはブリーフィングです。このポイントは、太平洋戦争のときに使用された旧日本軍の飛行機(ゼロ戦)が、ほぼそのままの状態で沈んでいるとのこと。なので、ポイント名も《ZERO》。ゆっくり準備をして、レックダイビングのスタートでっす!(^-^)/…透明度は10~15mと少々濁り気味(^^;; 砂地なので、砂を巻き上げないように進んでいくと、突如姿を見せたゼロ戦。全長は15mくらいだろうか。未だプロペラも付いていて、70年ほど前のものとは到底思えないほど、原型をとどめている。時代だったとはいえ、お国の為にこれに乗り、遥かこの地まで来た兵隊さんのことを想うと、何だか胸が痛い…。そのゼロ戦のコックピットの上にあったイソギンチャクには可愛いクマノミ。そのイソギンチャクの中には、卵を持ったナデシコカクレエビ。そこには、ちゃんと生命がありました☆(o^^o)☆ さて、砂をさらに進むと、岩の近くにカニハゼを発見!マクロモード全開で写真を撮りまくりです☆(^-^)/ ※後半はカニハゼばっか撮ってました(笑) というわけで、レックダイブ(カニハゼダイブ?笑)が無事に終了~!!3ダイブよく頑張りましたね☆ お疲れさまでした~!!!(^o^)/

P415242833.jpg P415242934.jpg P415245137.jpg

P415244135.jpg P4152445a36.jpg


エキジット後、今日はYさんの300本記念のお祝いです☆(*^^*)☆ 連日お祝いができるなんて、こりゃ~まだまだ良い事があるぞ~!!(≧∇≦)Yさん、おめでとうございます!!!

1101.jpg


港に到着する頃に雨がポツポツ。部屋に戻った頃には、ものすごいスコール(*_*)ダイビングが終わったあとで良かった~(^^;; 前日同様、ロギングまでのんびり☆※私も毎日30分くらい昼寝をしてました(笑) そして、夕方6時ごろからロギング。そのロギングがちょうど終わるころに…チリンチリン♪と、夕食の合図です!(*^^*) ご飯も進み、お酒も進み、デザートも進み…、『こりゃー太るな!』…なんてことを全く考えず、ツアー4日目の夜が更けていくのでありました☆(笑)


その4へ⇒http://diverx.blog80.fc2.com/blog-entry-1467.html



どうも~☆(^^)/


毎度ワクワク様でございま~す!!


今回は、4/12~19で行ってきました『パプアニューギニアツアー』の
ツアー報告その2をお送りしたいと思います♪(*^^)v


【秘境ダイブがスタート!】

4/14(月)。時間は朝6時。ツアー3日目の朝を迎えたが、鳥の鳴き声で目が覚める。その声は、囀りのような可愛いものではなく、雄叫びのようにさえ感じる。まさにジャングルだ(笑) 天気は良好。風もなく、海は穏やか☆♪^^* さて、ダイビングにそのまま行ける準備をして、7時に食堂へ。程なくして、皆さんが集合。良く眠れた方、昼間寝すぎて寝られなかった方、暇すぎて早朝に起きてしまった方(まぁ起きても散歩くらいしかやることは無いが)と、様々だか皆元気そうで何より♪ 朝食だが、トーストや果物、コーヒーや紅茶が並べて置いてあり、他のタマゴ料理やベーコンなどはオーダーする仕組み。席に着くと、スタッフさんがオーダー表を持ってきてくれるので、そこにお好みで「スクランブル(卵)・フレンチトースト・ベーコン」などにチェックをして渡すと、後ほど出てくる。オーダーを済ませ、のんびりコーヒーを頂く。果物を食べながら、のんびりコーヒーを頂く。…ん~、なかなか料理が運ばれてこない。日本人の悪いクセなのかもしれないが、注文したものがサッと出てこないと、何だか不安になる。^^; オーダーしてから15分程で、各自の料理が運ばれてきた。時計の針は7時30分を過ぎていた。ダイビングの集合時間は8時。あまりのんびりもしていられないか(*_*) 早々に朝食を済ませ、メインコテージから歩いて2、3分のところにある港へ。そこには、横付けしてある2隻のダイビングボートと、器材置場らしき倉庫。「オッハヨーゴザマース!」と、陽気なダイビングスタッフ達がお出迎え。私と変わらない、いや、それ以上の年齢だと思われるのに、まるで子供のように朝からキャッキャ♪していた。^^; そうそう、昨晩フロントに伝えた器材を入れるコンテナボックスだが、結局朝になっても届いていなかった。それを伝えると、「大丈夫だ!そんじゃ~みんなのレンタル器材を用意するからコッチに来てくれ♪」って。いやいや、だから~!みーんな器材持ってるんだってば~!!^^; それを伝えてもスタッフ達は「???」。すると、昨晩ひと悶着あった(笑)ボスが登場。「どうしたんだ?何か問題でもあったのか?」、「いや~フルレンタルって聞いてたんですけど、この人たち器材持ってるとか言ってるんすよ~」、「いやいや、昨日レンタルは無いからと伝えたじゃないか!」、「え~!違いますよ~!ボスがレンタル用意しろって言ったじゃないっすか~!」、「そんなこといいから早く器材と取りに行けっ!!」、「あ、あいあいさ~!!!」・・・、みたいな会話が繰り広げられ、ボスが私に「シンタ、すまんな。彼らは勘違いしていたようだ。もう少し待ってくれ。すまんな。」と、かなりの低姿勢。^^; 別に怒ってるわけじゃないから大丈夫っすよ~♪ のんびりいきましょうよ♪^^* …5分程で器材が到着。器材はスタッフさんたちがセッティングをしてくれる。最後に自分で確認して、器材をボートに乗せて、いよいよパプアダイブのスタートでっす!!!(*^^)v


・1本目 ポイント名『Joell's Reef』気温30℃ 水温30℃ 透明度15~25m

…ボート上には、船長さん、ガイドさんとアシスタントさん、私たち6人と1人参加のオーストラリア人の10名。ポイントまでは50分ほど。周りを見渡すと、我々がいるキンべ湾は、高い山に囲まれている為、風が吹かない限り、まるで湖かのように海は穏やか!すると『あれ、ボルケーノだよ!』と、スタッフさんが指差すほうを見てみると、山の上から噴煙を上がっている。海は穏やかだが、山は穏やかではないようだ(笑) さて、ポイントに到着。ガイドさんによるブリーフィング(全て英語)。さ~て、どんな風景が待ってるかな~☆(*^^*)☆ ゆっくり準備して、まずはガイドさんとオーストラリア人のお兄ちゃんがエントリー。エントリー方法は、ボートの後ろからジャイアント。波も流れも無いし、潜降ロープもあるのでラクラク♪(´ε` ) 皆さんも順々にエントリーして、残るはNさんと私とアシスタントさん。すると、NさんのBCにトラブル発生。ウエイトのバックルも外れてしまい、焦るNさん。まぁまぁ、私もアシスタントさんもいるから大丈夫ですよ!(^_−)−☆ 準備が整い、いざエントリー!!…あれ、ちょいと濁ってる??(・・;) 透明度30mオーバー!なんて勝手に期待してたけど、春濁りのような浮遊物がいっぱいで、水面付近は15mくらい。ただ、水温が30度以上!通常が28度くらいらしいので、2度以上も高い。浮遊物が多いのもこのせいなのかな。(^^;; さて、とっくに潜ってしまった皆さんを追いかけるべく、3人で根を目指します。潜降しながら10mくらい泳ぐと、ぼんやり根が見えてきました。さらに近づくと…、いきなり根頭にバラクーダとギンガメアジがお出迎え!そこには、最初に潜ったはずのオーストラリア人のお兄ちゃんもいて、バシバシ写真を撮りまくっている。私も負けじと撮りまくり~!!ひとしきり写真と動画を撮ったところで移動です。《確かブリーフィングでは、根を左回りする…って言ってたよな》ということを思い出し、左回りに移動。この時点で、透明度は30mくらいは見えるようになり、視界スッキリ!なのだが、皆さんの姿が見えてこない。(・_・; おかしいな~…なんて思いながらも、イナズマヤッコやツバメウオをカメラに収める(笑) すると、正面からガイドさんと皆さんの姿が。どうやら、根を右回りで移動してきたようだ。左回りって言いましたやーん!(^◇^;) まぁ、細かいことは気にせず、無事に合流♪ 根頭のほうに移動していくと、子ガメがガシガシ食事中!ガイドさんがサンゴを差し出すと、それもガシガシ!!食欲旺盛なのね~(笑) その根頭には、見事なサンゴ礁☆(*^^*)☆ ネッタイミノカサゴやオニカサゴ、スパインチークアネモネフィッシュや見たこともないツバメガイまで。マクロからワイドまで、潜水時間は50分。1本目からいきなり楽しんじゃいました!(≧∇≦)

P414220009.jpg P414222010.jpg P414222311.jpg P414223513.jpg

…そしてエキジット後。Nさんの150本記念のお祝い☆(*^^*)☆ 1本目からお祝いができるなんて、こりゃ~縁起がえ~な~♪( ´▽`) Nさん、おめでとうございま~す!!!

P414224412.jpg



・2本目 ポイント名『Restrf Island』気温30℃ 水温30℃ 透明度15~20m

さて、2本目のポイントまで移動です。タンクチェンジはスタッフさんがやってくれるし、冷たい水やコーヒー紅茶などの温かい飲み物も貰える。さらに、バスタオルも貸してくれる…。至れり尽くせりってヤツですなー♪(´ε` ) 次のポイントに到着。海に浮かぶ小さい島。その周りの浅瀬は、ボートの上から見てもめちゃくちゃ綺麗☆(*^^*)☆ こりゃ期待ができそうだ!ブリーフィング後、ゆっくり準備して、準備ができた人からエントリー。言うまでもないが、波も流れも全くない☆ ボートの下は水深5m。サンゴ礁と砂地が広がるポイントだ。透明度は20mほど。水底で集合し、ダイビングスタート!まずは砂地にガーデンイール。そして、サンゴの間を見てみると、タテヒダイボウミウシやシモフリカメサンウミウシなど、数種類のウミウシを発見。ニモの愛称で有名なイースタンクラウンアネモネフィッシュや、イソギンチャクの中にはイソギンチャクカクレエビ、近くにバブルコーラルシュリンプもいたりする。他にもイソバナガニやナマコマルガザミなど、気がつけば、私の大好きながっつりマクロダイブ☆(*^^*)☆ しかし、とにかく見事なまでのサンゴ礁!オキフエダイの群れやラディフュージュラーの群れなど、小魚天国!!マクロレンズが大活躍の2本目、潜水時間は60分で終了でっす☆(^-^)/

P414225114.jpg P414226715.jpg P414226916.jpg

P414227217.jpg P414228018.jpg P414229319.jpg P414229820.jpg


エキジット後、船の上でランチタイム!ご飯に鶏肉、野菜炒めにサラダ、果物もあります。何より、最高の景色がおかずです☆(^o^)/ 食後は浅瀬でスノーケリング!皆さんフィンも付けずにマスクだけで楽しんでいました(笑) さて、今日は2本目で終了なので、のんびり港に戻ります。そして、30分ほどで港に到着。器材は全てスタッフが管理してくれるので、自分のコンテナボックスに器材を入れて終了です!明日もよろしくお願いします☆(^_−)−☆ さて、部屋に戻ったら夕食までのんびりです。昼寝をしたり、BARでビールを買って飲んだり。\(//∇//)\ ※女性陣はトランプで盛り上がってたみたいです(笑)私はロギングに備えて、写真と動画の整理です。夕方6時からロギング開始。ちょうど食堂にお魚図鑑があったので、それを見ながらみんなでワイワイ☆ すると、チリンチリン♪という合図。ディナーのスタートです!ディナーはビュッフェスタイルで、まず始めにスープだけが出てきます。頃合いを見て、今度は料理が出てきます。ご飯、魚のスープ煮、鶏肉料理、牛肉料理、野菜炒め、サラダなど。日替わりでメニューが違いますが、どれも美味しいです。※どれもちょっと味が薄めなので、皆さん塩や醤油で調整してました☆(^-^)/ そして最後にデザート。内容は、ケーキやアイスクリームやカットフルーツなど。言うまでもなく、デザートも毎晩、お酒も毎晩…☆ 今宵もパプアの夜が静かに過ぎていくのでありました…☆♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪☆

P414230821.jpg


その3へ⇒ http://diverx.blog80.fc2.com/blog-entry-1466.html




ダイビング スキンダイビング スノーケリング ジュニアダイビング 子供のダイビング シュノーケリング スキューバ スクーバ 鶴間 西鶴間 下鶴間 深見 ひばりが丘 小松原 上草柳 大和 横浜国際プール 綾瀬 海老名 座間 厚木 瀬谷 さがみ野 中央林間 南林間 つきみ野 ライフスポーツ鶴間 エバーブルー 課外活動 親子でダイビング ダイビングライセンス Cカード NAUI CMAS PADI 

尾崎 慎太

Author:尾崎 慎太
NPO法人
『エバーブルージャパン』 代表理事

・NAUIダイビングインストラクター
・NAUIコアスペシャルティINST
・NAUIレスキュースペシャルティINST
・NCFAインストラクター
・CMAS=JEFF2スターINST
・日本体育協会認定
 スクーバダイビング指導員
・日本スノーケリング協会認定
 スノーケリングインストラクター
・(社)日本キャンプ協会
 キャンプ指導者
・(財)日本レクリエーション協会公認
 レクリエーションインストラクター
・潜水士

~人生のミッション~
『子供達が憧れる大人になり、
夢を持ち続けさせること』


-天気予報コム- -FC2-
QR