≪ 2017 08                                                2017 10 ≫
 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

どうも~☆(^^)/


いつもブログをご覧頂き、
誠にありがとうございま!!!\(^o^)/


今回は、3/23~27で行ってきました『アジアンリゾート☆セブ・ボホールツアー』の
ツアー報告の最終話をお送りしたいと思います♪(*^^)v


【☆シメはマグロ?だぜぃ!☆】

3/26(木)。ツアー4日目。時刻は朝の5時半。朝が早いせいか、外はまだ薄暗い。早朝ダイブに向けてゆっくり準備を進める。6時を過ぎてもなかなか明るくならないので、曇りだということにようやく気付く。そして、準備が整い、荷物を持って器材置場に向かう。ウエットスーツに着替え、出発を待つ一同。そこに、前日からリゾートに来た女性2人。今日の早朝ダイブからスタートするようだ。今日もあきおさんがガイドをしてくれるのかと思いきや、どうやら違うらしい。今日担当してくれるのは、フィリピン人ガイドのロジャーさん。見た目はとっても寡黙な感じで、《オジサン》という言葉がちょうど合う、ちょうどいいオジサンだ♪(なんじゃそりゃ!) 「大丈夫かな~?」なんて、ちょっと思ってしまったが、実はボホールガイド歴20年の超ベテランガイドさんらしい!(・・;) あらま、失礼しました☆(*^^*)☆ ほじゃーまぁ、ロジャーはん!頼んまっせ!!ということで、朝食前のモーニングダイブへ出発で~す!!!\(^o^)/

DSC0252808.jpg DSC0252909.jpg


・1本目 ポイント名『 ノバビーチ ハウスリーフ 』 気温28℃ 水温27℃ 透明度10m

・・・準備も整い、遠くには綺麗な虹☆ さっそくボート・・・ではなく、イカダに乗り込みます。ノバビーチリゾート名物の【イカダダイブ】です♪(^^)/ ポイント的にはビーチなのですが、少し沖までイカダに乗って移動し、そこで器材を背負ってそのままドボンとエントリーする、器材を背負って歩くことも泳ぐこともない『ちょー楽ちんビーチダイブ』なんです♪(*^^)v さてさて、イカダに乗り込み、岸から100mくらい沖に進んだところでストップ。器材を準備して、エントリー開始!(^^)/ 3mくらいの水深から、徐々に深場へ移動していきます。ハマクマノミやカクレクマノミ、スパインチークアネモネフィッシュなんかもいますが、今日のお目当ては違うんだな~♪(^^) まずはコイツ!カニハゼちゃんです!!(*^^)v 背ビレにカニの目のような模様があり、ハゼなのにカニみたいにゆっくり移動する、なんとも可愛いヤツなんですよ~☆(*^^*)☆ 粘りながらも、なんとか写真におさめ、次へ移動します。アンナウミウシとかアカホシカニダマシなんかもいますが、今日は違うんだな~♪(笑) お次はコイツ!ジョーフィッシュでっす!!!\(^o^)/ ジョーフィッシュの和名は無く、アゴアマダイ科の一種。カエルみたいな顔した、スーパーカワユスなヤツなんですよ☆(*^0^*)☆ ここに居たのは、リングアイジョーフィッシュと呼ばれるもの☆ とってもカワユスなんですが、スーパーシャイなヤツで、バッチリ写真を撮るのに、相当粘りました・・・(笑) 何とか写真も撮れて、個人的には大満足~♪(*^^)v 最大深度は20m、潜水時間は45分で1本目終了でーす!!(^^)/

P326036540.jpg P326661541.jpg P326661742.jpg

P326662543.jpg P326663944.jpg P326664045.jpg

P326666547.jpg P326667748.jpg P326668049.jpg



・2本目 ポイント名『 ロックビュー 』 気温30℃ 水温28℃ 透明度20m

朝食後の2本目。今度はボートに乗ってポイントへ移動です!そして、5分ほどでポイントに到着。準備をしてエントリー開始です♪(^^)/ 1本目同様、ここも小さな生物の宝庫みたい☆(*^^)v ナデシコカクレエビに、日本では珍しいコロールアネモネシュリンプ。オラウータンクラブにアンナウミウシ、ツノキイボウミウシ。サビウツボなんかもいたりして。じっくり写真を撮ることができて、個人的には、こういうダイビングがスゴーく好きなんだなぁ♪(*^^*) 余談ですが、海外(セブ?)の現地ガイドさんは、やたらとオラウータンクラブを紹介してくる。このダイブだけで、3匹は紹介してくれた。「いやいや、有り難いけど、ぶっちゃけ日本にもおるし~!しかも、さっきも撮ったし~!!」みたいな(笑) ここではS級のレア度なのだろうか。それとも個人的な好みなのだろうか。真相は分からんが、最大深度は19m、潜水時間は40分で2本目終了です!(^^)/

P326669650.jpg P326669951.jpg P326671352.jpg

P326671653.jpg P326672854.jpg P326673955.jpg

P326674156.jpg



・3本目 ポイント名『 アロナビーチ 』 気温30℃ 水温28℃ 透明度20m

休憩後の3本目。このツアーのラストダイブでございます。10分ほどでポイントに到着し、エントリー開始です!少し移動すると、ドロップオフが広がり、水深20m付近をゆっくり移動します。まず最初に見せてくれたのは・・・オラウータンクラブ!(笑) 「やっぱりかーい!!!」と激しくツッコみたかったが、やっぱり撮ってしまう、何ともマクロ好きな私であります♪(*^^)v 最後のダイブ、シメはマグロ・・・ではなく、マクロですな!!(*^^*) 他にもセンジュミノウミウシ、ツノキイボウミウシ、セグロリュウグウウミウシ、ウミシダウバウオなど、「マクロの宝石箱や~♪」と、あの彦摩呂も唸りそうなほどだ・・・(笑) さて、ゆっくり移動していると、前からツバメウオが数匹。三日月の形からして、まだ幼魚だな。なんて思っていると、窪みに隠れていた1匹のツバメウオ。ホンソメワケベラによるクリーニング中みたいだが、体の色は真っ黒に。クリーニングが終わると、その体の色は元の銀と黒の縞模様に戻っていた。≪えっ、ツバメウオって、クリーニングされると気持ち良くなって体が黒くなるん?(笑)≫ それか、クリーニング中に外敵に襲われないように黒くなっているのでは・・・という勝手な仮説もあったり。真相はツバメウオに聞いてみないと分からんけどね~!(笑) 最後に集合写真を撮って、最大深度は18m、潜水時間は42分でボホールダイブの終了でーす!!!\(^o^)/

P326675057.jpg P326675358.jpg P326675759.jpg

P326676360.jpg P326676561.jpg P326680564.jpg

P326677562.jpg P326678163.jpg


器材の片付け、着替えを済ませてランチ休憩。午後はリゾートでのーんびり♪(^^)/ 私はリゾート内でマッサージをお願いしちゃいました☆(*^^*)☆ アロマオイルを使った、1時間の本格マッサージ!あまりの気持ち良さに、後半はほとんど記憶がないなぁ~。(^_^;) 夕方ロギングをして、リゾート最後の晩餐☆(^^)/ お酒も頂いて、ほろ酔い気分でボホールの夜が更けていくのでありました・・・☆(*^^*)☆





3/27(金)。ツアー5日目。朝食後、帰りの身支度をして、9時にリゾートを出発。9時半ごろにタグビララン空港に到着。10時半のフライト予定だったが、約2時間遅れでタグビラランを出発。マニラでの乗り換えで時間がほとんどなく、かなり焦ったが、20時過ぎに成田空港に無事到着。その後のバスにも何とか乗れて、無事にツアー終了です!(*^^)v ご参加頂いたYさん、Nさん。それから今回お世話になったノバビーチリゾートの皆さん、ありがとうございました~!!!\(^o^)/ 


【写真:中】タグビラランから乗った機内。煙のように見えるが、水蒸気。加湿の為?あまりにも凄かったので、パシャリ。それにしても、機内が真っ白になるほどやらんでもえーやろー!(笑) 

2015032821.jpg 2015032823.jpg 2015032824.jpg



※その1から読んでみる・・・http://diverx.blog80.fc2.com/blog-entry-1727.html




スポンサーサイト

どうも~☆(^^)/


いつもブログをご覧頂き、
誠にありがとうございま!!!\(^o^)/


今回は、3/23~27で行ってきました『アジアンリゾート☆セブ・ボホールツアー』の
ツアー報告その3をお送りしたいと思います♪(*^^)v


【☆ギンガメとゲンガメだぜぃ!☆】

3/25(水)。ツアー3日目。時刻は朝の6時。窓の外は雲一つない、まさに快晴☆(^^)/ 心配していた風も治まり、ひと安心♪(*^^)v ゆっくりとダイビングの準備をして食堂へ向かい、南国の風景を楽しみながら、ゆっくり朝食を頂きます☆(^^)/ さて、今日はいよいよセブNO.1のダイブサイト【バリカサグ】でのダイビングです!(*^^)v 果たして、どんな出会いがあるのでしょうか。ワクワクしながらボートへと乗り込む一同でありました・・・☆(*^^*)☆

201503285.jpg 2015032813.jpg 2015032814.jpg 2015032816.jpg



・1本目 ポイント名『 バリカサグ島 サンクチュアリ 』 気温30℃ 水温28℃ 透明度20m

リゾートを出発して約30分、バリカサグ島に到着!エメラルドブルーに輝く島の周りが、素敵な出会いがあることを予感させる♪(^^)/ 待ってろよ~!ギンガメちゃーん!!!\(^o^)/ ・・・エントリーして、船下集合。そこには、水深30m以上のドロップオフが広がり、水深20mをキープしながらゆっくり壁沿いを移動していきます。水中は浮遊物が多く、透明度は20mといったところ。ただ、その浮遊物(プランクトン)のおかげで、タカサゴの群れがとにかくスゴイ!そのタカサゴを狙って、カスミアジが捕食しようと何度もアタック!しかし、お目当ての魚にはまだ会えず。さらに壁沿いを移動すると、日本では見られないイナズマヤッコや、ハナゴイのフィリピン版・パープルアンティアスなどが見れたが、お目当てのヤツにはまだ会えず。そうこうしているうちに30分が過ぎ、「・・・もーダメかなー。。。」と諦めかけた・・・、その時!!下から上がってくる魚の大群を発見!!・・・ぎ、ギンガメちゃーーん!!!\(^o^)/ 目の前を悠然と泳ぐギンガメアジの大群。急いで動画を回し、写真も撮ってみたが、その大群はまたもや深場へと下がって行ってしまった。((+_+)) さすがに追いかけることもできず。でも、ほんの一瞬だったが、ギンガメアジに会えて、一同大興奮!!!(*^^*) 最大深度は25m、潜水時間は40分で1本目終了です!(^^)/

P325647617.jpg P325648418.jpg P325649019.jpg

P325649920.jpg P325650221.jpg P325651122.jpg



・2本目 ポイント名『 バリカサグ島 ブラックフォレスト 』 気温30℃ 水温28℃ 透明度20m

休憩後の2本目。エントリーしてすぐのところにいたのは、お食事中のアオウミガメ♪我々が近づいてもお構いなし!砂地に生えるアマモをムシャムシャ♪食欲旺盛!と~っても元気なカメ(略してゲンガメ!笑)でした!!(*^^)v さてさて、砂地には他にも、変わった模様のクサフグやサザナミフグ、チンアナゴがいたりします。ドロップオフ沿いには、フタイロハナゴイやパープルアンティアス。小物はツユベラの幼魚、アカフチリュウグウウミウシ、ヒトデヤドリエビなどなど。ただ、ギンガメアジとバラクーダには会えず。最大深度は20m、潜水時間は45分で、のんびりマッタリ2本目が終了。船に上がってから聞いた話だと、別のところでバラクーダの大群がいたらしい!(>_<) ナンテコッタ!パンナコッタ!!(笑) まぁ、こればかりは仕方ありません。1本目でギンガメアジに会えただけでも、感謝☆感謝!!!(*^^)v

P325651323.jpg P325652024.jpg P325652625.jpg P325653226.jpg

P325654127.jpg P325655028.jpg P325655529.jpg P325656330.jpg



・3本目 ポイント名『 ノバビーチ ハウスリーフ 』 気温30℃ 水温28℃ 透明度15m

ボートの上でランチを取りながら、ゆっくりボホールを出発。食後にもう少し休憩を取ってから、3本目へ。ポイントはノバビーチリゾートのハウスリーフです!ということは・・・、そうです!私の大好きなマクロの世界です♪(*^^)v チョウチョウコショウダイの幼魚、シライトウミウシ、イシヨウジ、オドリカクレエビ、ナデシコカクレエビ、ニチリンダテハゼ、、ヤマブキハゼ、ヒレフリサンカクハゼ・・・などなど。あっ、クマノミ系は普通にいます(笑) 珍しいのだと、顔にヒゲみたいなものがあるスパインチークアネモネフィッシュ(クマノミの仲間)なんかもいたり。ここで見たかったカニハゼとジョーフィッシュには今日は出会えず。探せば探しただけ色々な魚がいる、ある意味何とも贅沢なポイントなんですね♪(^^)/ 最大深度は20m、潜水時間は50分で3本目終了でーす!(*^^)v 

・・・エキジット後はイカダに乗って岸まで帰ります。スタッフさんが長い竹棒を使って、イカダをゆっくり進めてくれます。ダイビングも無事に終わり、イカダの上でのんびりしていた私たち。・・・が、突然の波をくらい、イカダの上に置いてあったNさんのマスクが海中へ・・・。(・.・;) 異変に気付いたあきおさんとフィリピン人スタッフさんが、急いで海中へ。このツアーの為に買ったというNさんのおニューマスク。捜索開始から10分が経過し、「もう見つからないかも・・・」なんて思い始めた、その時!フィリピン人スタッフさんの手に握られていたのは、Nさんのマスク!!!\(^o^)/ よく見つけましたね~!(笑) マスクも無事に見つかり、気持ちよく1日のダイビングを終えた一同でありました・・・☆(*^^)v


P325656831.jpg P325657032.jpg P325657433.jpg P325658234.jpg

P326013239.jpg P325659836.jpg P325660337.jpg P325660638.jpg


ダイビング終了後は、前日同様プールで潮抜き!そしてシャワーと着替えを済ませ、夕方は市内のスーパーマーケットまで送迎してもらい、お買いものタイム☆(^^)/ スーパーと言っても、イメージ的にはイオンみたいな感じです!(笑) そこで、アイスクリームを食べてみたり、Tシャツを選んでみたり、ドライマンゴーとマンゴー石鹸を買ってみたり・・・♪(^^)/ 1時間ほどでお買いものタイム終了!車に戻ってみると、先ほど空港に着いてピックアップしたという日本人女性が2人☆ リゾートに戻り、すっかり日も暮れた中でのディナータイム♪(*^^)v 南国の夜長。お腹もいっぱいになり、部屋に戻ったら3人でトランプでもしてみることに。しかし、これが意外と盛り上がり、遅くまでリゾート内に私たちの声が響いていたとか、いないとか・・・☆(*^^*)☆

DSC0252406.jpg DSC0252505.jpg


※最終話へ続く・・・http://diverx.blog80.fc2.com/blog-entry-1730.html





どうも~☆(^^)/


毎度ワクワク様でございま~す!!!\(^o^)/


今回は、3/23~27で行ってきました『アジアンリゾート☆セブ・ボホールツアー』の
ツアー報告その2をお送りしたいと思います♪(*^^)v


【☆南国アジアンリゾートだぜぃ!☆】

3/24(火)。ツアー2日目。深夜に羽田空港を出発し、なんだかんだあって、時刻は朝の5時半、一同はマニラ空港に到着。眠い目を擦りながら飛行機を降り、まずは入国審査。“激混みの入国審査”という事前情報があったが、ここはすんなりと通過に成功♪(^^)/ 国際空港だけあって、さすがに広いマニラ空港。預けた荷物を一度受け取り、乗継用テーブルに向かうのだが、このテーブルがあり得ないほど小さい。しいて言うなら、教卓くらいの大きさだ。何とかその場所を見つけ、荷物に【乗継だからね!】みたいなことが書いてあるだろう黄色いテープを貼ってもらい、再度荷物を預ける。「こんなんで大丈夫なのかな・・・」と不安になったが、ここは信じるしかない。荷物との再会を信じて、国際線から国内線へと移動します。次に向かうは、ボホール島にある空港【タグビララン】。多少迷いながらも、国内線ターミナルの乗り口付近に到着。時間までしばし休憩。

・・・時刻は現地時間で朝の7時過ぎ。人間、どんだけ眠くてもお腹は減る。結局、機内食は食べなかったYさんとNさんは、売店にあったサンドイッチを買い、朝食タイム。眠気と胃もたれで、グロッキー気味の私であったが、その売店の名前を見て多少元気になった。その名も【VIN VIN KIOSK】。・・・ビンビンキヨスクって!!(笑) 飛行機の出発時間まであと少し・・・。・・・突然の搭乗口変更や座席の変更などもあったが、時刻は9時半。タグビララン空港へ向けて出発。座席はなんと、緊急脱出用の扉があるちょっと広めの席で、CAさんから「緊急を要する際はお手伝いをお願いしますね!」・・・的なことを英語を言われたが、よく分からなかったので、「お、オフコース♪」とだけ言っておいた(笑) 飛行時間は約1時間。あっという間にタグビララン空港に到着!飛行機を降りると、外は強烈な日差し!まさに南国に来たって感じだ♪(*^^)v さほど広くない到着口で、荷物を無事に確保!まずはひと安心☆(*^^*)☆ 空港を出ると、外には《田舎の駅前にあるロータリー》ほどのロータリーがあり、車がひしめきあっている。その中から、今回お世話になる【NOVAビーチリゾート】さんのプラカードを探し、スタッフさんと合流!フィリピン人らしき運転手さんと・・・、白髪のおじさんが1人。この時は「・・・ん?このおじさん、誰??」などと思ってしまったが、実はこのお方、NOVAビーチリゾートのオーナーさん(川村さん)でした!(笑) 大変失礼しました。(^_^;)  NOVAさんの送迎車に乗り込み、リゾートへ出発。そして、30分ほどでリゾートに到着!そこにあったのは、まさに自然に囲まれた隠れ家的リゾート♪(*^^)v 「は~るばるきたぜボホール~♪」ということで、はるばる来た甲斐がありましたね!(笑) 

さて、まずは施設説明とダイビングの説明を受けます。説明をしてくれたのは、今回ガイドをしてくださる日本人スタッフのあきおさん!優しい感じのお兄さんです☆(^^)/ そして今回泊まる部屋は、コテージ風のロフト付!南国感満載の部屋に荷物を置いて、まずはランチタイム♪今日から27日の朝食まで、全食ここでいただきます♪(^^)/ この日のランチは、フィリピン風カルボナーラ!日本人好みの味付けで美味しいッス☆(*^^*)☆ お腹も満たされたところで、のんびりとダイビングの準備を始め、午後から早速ダイビングのスタートでっす!!!\(^o^)/ 

201503287.jpg 201503289.jpg DSC0251601.jpg

DSC0252104.jpg DSC0251902.jpg DSC0252003.jpg



・1本目 ポイント名『 パングラオ島南 エスカヤ 』 気温30℃ 水温28℃ 透明度15m
・2本目 ポイント名『 パングラオ島南 ホヨホイ 』 気温30℃ 水温28℃ 透明度15m

さて、フィリピンと言えば【お姫様ダイビング】!器材セッティングはもちろんのこと、器材の脱着も全部スタッフさんがお手伝いをしてくれます♪(*^^)v ウエットスーツに着替え、3点セットとカメラだけ持って船に乗り込みます。船にはフィリピン人のスタッフさんが2名とガイドのあきおさん、そして私たち3名だけの贅沢ダイビング♪(^^)/ 出発して5分ほどでポイントに到着。ゆっくり準備して、バックロールエントリーで、いざ!ボホールダイブのスタートでっす!!(^^)/ ・・・透明度はあまり良くないものの、やっぱり暖かいのが南国の海☆(*^^)v 水深3mほどの船下に集合です♪・・・って、アレ??なかなか潜降してこない2人。どうやらウエイトがだいぶ足りなかったようです。(^_^;) ウエイトを追加して、潜降開始!なだらかな斜面に沿って、水深を徐々に落としていきます。すると、ホソフエダイやキンセンフエダイの群れがお出迎え!そして斜面の穴を覗けば、ニチリンダテハゼやイソギンチャクモエビ、ヒレフリサンカクハゼなどのマクロ生物が満載♪(^^)/ 最大深度は18m、潜水時間は50分で1本目のダイブ終了し、小休憩後の2本目。ポイントに到着し、バックロールエントリーで、いざエントリー!水深3mほどの船下に集合です♪・・・って、アレ??なかなか潜降してこない2人。どうやらまたまたウエイトが足りなかったようです。(^_^;) さらにウエイトを追加して、潜降開始です!ここのポイントも、メインはマクロ生物♪アンナウミウシ、タマゴイロイボウミウシ、ケサガケベラの幼魚などなど。もちろん、カクレクマノミやネッタイミノカサゴなんかもいたりして、みんなでのんびりフィッシュウォッチングを楽しみました~♪(^^)/ 最大深度は20m、潜水時間は50分で2本目のダイビングが終了です!\(^o^)/

P324640310.jpg P324642011.jpg P324643812.jpg P324644713.jpg

P324645014.jpg P324645315.jpg P324646016.jpg

ダイビング後、リゾートの中庭にあるプールで潮抜きタイム♪(^^)/ 水深が2mちょっとあって、遊ぶにはもってこいの深さ☆(笑) その後、シャワーを浴び、着替えを済ませ、南国の風に吹かれながらロギングタイム☆ そして、ディナータイム♪(*^^)v 20人くらい座れる食堂のテーブルには、私たち3人と、1人で来ていた男性、ガイドのあきおさんとオーナーの川村さん・・・だけ☆ 普段はそんなことめったにないらしいのですが、この期間たまたま貸切状態に♪(*^^*) ビュッフェスタイルのディナーはどれも美味しく、個人的にはフィリピン料理の【シニガンスープ】が好きでしたね♪(*^^)v 食後、星空を眺めながら部屋に戻り、リゾート初日の夜が更けていくのでありました・・・☆


※その3へ続く・・・http://diverx.blog80.fc2.com/blog-entry-1729.html



どうも~☆(^^)/


毎度ワクワク様でございま~す!!!\(^o^)/


今回は、3/23~27で行ってきました『アジアンリゾート☆セブ・ボホールツアー』の
ツアー報告その1をお送りしたいと思います♪(*^^)v


【☆ヘビーだぜぃ!☆】

3/23(月)。ツアー初日。と言っても、空港集合は夜の23時。日中はツアーに備えのんびり過ごす。と言うのも、前々日の西伊豆大瀬崎日帰りツアーでは、久しぶりに武者震いがするような(ただ寒かっただけ?笑)水温15℃の世界を体感し、前日にあった教え子の結婚式では、長淵剛の名曲を歌いたくなるほど、これまた教え子たちと久しぶりに『祝い酒』を大いに喰らったからだ。・・・のんびり過ごす、というよりか、完全休養。(笑) さて、今回向かうのは、フィリピンの隠れ家リゾートでダイビング三昧♪【セブ・ボホール島】であります!(^^)/ 大物から小物までガッツリダイビングを楽しんじゃいますよ~!!(*^^)v テンションも上がって充電完了☆(^^)/ 夜ご飯を済ませ、準備万端で空港に向かうわけでありました・・・。

時刻は夜の23時。場所は羽田空港。・・・(えっ?)と思われた方、そうなんです!今回は羽田空港から出発するんです!(*^^)v 羽田から海外に行けるのが、神奈川県民にとっては嬉しいですよねー♪(*^^*) さて、今回のツアーでご一緒するのが、一昨年のインドネシア・メナドツアーでご一緒したYさんと、初海外ダイブでちょっとビビリ気味のNさん・・・の2名です!(笑) 両手に花状態で、早速フィリピン航空のチェックインカウンターへと向かいます。「深夜便だし、きっと空いているだろーなー♪」・・・なんていう甘い考えは、チェックインカウンターに並ぶ長蛇の列を目の当たりにし、即座に否定された。並んでいたのは、フィリピーナと思われる方々が約8割。「中国かなんかみたいに、フィリピーナにとっては3月末が旧正月とか!?」・・・と思ってしまうほど、フィリピン航空のカウンターだけが長蛇の列。(-"-) もちろん、黙って並ぶしかありません。30分以上かけて、ようやくチェックイン。荷物を預け終え、チケットもゲットし、チェックイン完了。出国審査を経て、気が付けば日付も変わり、3/24(火)。時刻は1時30分。定刻通りに飛行機が出発。まずは経由地のマニラに向かう一同でありました・・・。

・・・フィリピンと日本の時差は1時間。フィリピンのほうが1時間遅い計算になる。マニラまでの飛行時間は約4時間半。機内はお察しの通り、満員御礼だ。離陸態勢に入る前から睡魔に襲われ、いつの間にかウトウト・・・。少し短いが睡眠はちゃんと取れそうだ☆・・・離陸して30分が経っただろうか。私たちだけでなく、うす暗い機内のほとんどの乗客が夢心地でいた。・・・その時、煌々と明かりが照らされる機内。「・・・何事か!?」と、重いまぶたを開けてみると、そこには「ビーフ?ポーク??♪」と笑顔で問いかけてくる、客室乗務員の姿が・・・。そうです。まさかの食事タイムです。(-"-) 「みんな寝てはるやーん。眠いに決まってるやーん。」・・・と思いながらも、思わず、「ぽ、ポークプリーズ。」と答えてしまった私。配られたプレートには、サラダに漬物に果物、大福もちにかつ丼と、ヘビー級のガッツリ。あのフィリピンの英雄《パッキャオ》にボディをえぐられそうなほど重い食事を、夜中の3時から素直に頂く私でありました・・・。((+_+))

201503286.jpg


☆その2へ続く・・・http://diverx.blog80.fc2.com/blog-entry-1728.html



ダイビング スキンダイビング スノーケリング ジュニアダイビング 子供のダイビング シュノーケリング スキューバ スクーバ 鶴間 西鶴間 下鶴間 深見 ひばりが丘 小松原 上草柳 大和 横浜国際プール 綾瀬 海老名 座間 厚木 瀬谷 さがみ野 中央林間 南林間 つきみ野 ライフスポーツ鶴間 エバーブルー 課外活動 親子でダイビング ダイビングライセンス Cカード NAUI CMAS PADI 

尾崎 慎太

Author:尾崎 慎太
NPO法人
『エバーブルージャパン』 代表理事

・NAUIダイビングインストラクター
・NAUIコアスペシャルティINST
・NAUIレスキュースペシャルティINST
・NCFAインストラクター
・CMAS=JEFF2スターINST
・日本体育協会認定
 スクーバダイビング指導員
・日本スノーケリング協会認定
 スノーケリングインストラクター
・(社)日本キャンプ協会
 キャンプ指導者
・(財)日本レクリエーション協会公認
 レクリエーションインストラクター
・潜水士

~人生のミッション~
『子供達が憧れる大人になり、
夢を持ち続けさせること』


-天気予報コム- -FC2-
QR