≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

どうも~☆(^^)/


毎度ワクワク様でございま~す!!


今回は、9/24~28で行ってきました『沖縄・渡嘉敷島ツアー』の
ツアー報告その2をお送りしたいと思います♪(*^^)v


【☆国立公園・慶良間の海へ☆】

9/25(木)。この日も天気は快晴。クーラーをガンガンに効かせた部屋を一歩出ると、そこは南国特有の蒸し暑さ。懐かしい真夏の感じ♪^^* さて、時刻は朝の7時。皆さんと合流し、ホテルの1階で朝食タイム。ゆっくり食事を済ませ、8時15分過ぎにホテルを出発。※なんで8時15分なのか、分かる人には分かる。(笑) まだ日差しこそ強くないものの、どちらかというと寒がりな皆さんが、キンキンに冷えたコンビニでしっかり涼もうとするほど、外はとにかく暑い。ましてや、暑がりな私にとっては死活問題である。ただこの暑さが、南国気分を味わえる至福の時・・・なのだ☆(*^^)v ホテルから歩いて5分ほどで泊港に到着。乗船券を受け取り、定刻通りの朝9時に泊港を出発~!渡嘉敷島へ向かう一同でありました・・・☆(^^)/

DSC0189801.jpg DSC0190502.jpg

・・・渡嘉敷島までは、高速船だと35分ほど。港を出ると、北風の影響で若干海には波があったが、心配していた皆さんの船酔いも無く、無事に渡嘉敷島へ到着!まだ港に到着しただけだが、明らかに海の色が違うのが分かる♪(^^)/ 港から送迎バスで、今回もお世話になる《シーフレンド》さんへ移動。そして、15分ほどでシーフレンドに到着。今回、皆さんが泊まるのは広々ルームのコテージタイプ。3人では広すぎるほどだ(笑) さて、荷物を置き、まずはランチタイム☆ 併設してあるシーフレンドの食堂へ向かいます。ここに何度来ても思うことだが、とにかく便利!宿、食堂、ショップ、器材置場、集合場所が、徒歩30秒以内のところにあり、ビーチまでは歩いて1分ほどだ(笑) ランチを食べ終え、のんびりダイビングの準備。その間に、ちょこっと海までお散歩♪^^* ビーチに出ると、そこにあるのは、眩いほど輝く阿波連ビーチ☆(*^^*)☆ いや~今すぐにでも海に入りたい!!そう思ってしまうのは、きっと私だけではないだろう・・・☆

moblog_e6e6850f.jpg DSC0191103.jpg

・・・さて、時刻は13時。準備万端の尾崎グループをガイドしてくれるのは、シーフレンドNO.1のベテランガイドのウチダさん!細やかなガイディングが、私にとってもすごーく嬉しい♪(*^^)v 尾崎グループと他2名の方と一緒に港まで移動し、船でセッティング。いよいよケラマ渡嘉敷ダイブのスタートでっす!!!\(^o^)/


・1本目 ポイント名『 アーファーの根 』 気温31℃ 水温28℃ 透明度20~25m

ポイントに到着。アーファーとは、沖縄でオニダルマオコゼのこと。昔はここにいっぱい居たらしいが、今はほとんど居ない。ここのポイントは水深も浅いので、チェックダイブといった感じかな!船からジャイアントでエントリーし、ゆっくり潜降開始です!・・・船下は5mほどですが、そこには、これぞ渡嘉敷!!ケラマブルーの世界が広がっています☆(*^^)v まずは、《カクレクマノミ・ハマクマノミ・ハナビラクマノミ》の、クマノミ3種盛りからスタート!(笑) そして、小さな根には、これまた小さなスカシテンジクダイやデバスズメダイやキンメモドキが群れていて、その近くをゆっくり泳ぐヨスジフエダイの群れ☆イソギンチャクを覗いてみると、イソギンチャクエビやアカホシカクレエビなど、私好みのマクロな世界も広がっております♪(*^^)v 他には、グルクンの幼魚、ヨコシマクロダイの幼魚、ユタカハタ、ハマフエフキ、モンツキアカヒメジ、ハナミドリガイ、などなど。最大深度は10m、潜水時間は43分で、のんびり1本目のダイブ終了でーす!(^^)/

P925443702.jpg P925444903.jpg P925446604.jpg

P925447005.jpg P925449506.jpg P925450107.jpg P925451208.jpg


・2本目 ポイント名『 中頭(ナカチブル) 』 気温31℃ 水温28℃ 透明度20m

一度ショップに戻り、30分ほどの休憩。前日から体調不良気味だった?Yさんは、明日以降に備えて1本で終了。TさんとNさんと一緒に2本目に向かいます。船に乗り込み、10分ほどでポイントに到着。さっそくエントリーです!…潜降して、水深7m付近の根を移動していくと、クロユリハゼのペアがお出迎え!そして、ハナゴイやノコギリダイの群れを見ながら進んでいくと、そこにはダイバー1人が通れるくらいの水路。そして、その水路の先には洞穴があり、そこに射しこむ光が、まさに幻想的☆(^^)/ 暗がりが苦手なNさんも、これなら大丈夫でしたね♪ 水路を抜けると、また大きな根に辿りつき、そこにはアマミスズメダイ、キホシスズメダイ、オキナワスズメダイ、アサドスズメダイ、マルスズメダイなどなど、小魚が満載☆^^☆ マクロ尾崎は、ナマコマルガザミとカンザシヤドカリを狙って写真に納め、最大水深は12m、潜水時間は42分で渡嘉敷初日のダイビングが終了でっす!!(*^^)v

P925452309.jpg P925452510.jpg P925454011.jpg

P925454412.jpg P925454613.jpg P925455514.jpg P925457415.jpg

・・・片付けと着替えを済ませ、18時のディナータイムまで浜辺を散歩☆ 賑わいをみせた昼間とは違い、静まり返った阿波連ビーチ。そして、空はゆっくり黄金色へ。阿波連ビーチに沈む夕日を眺めながら、まずは本日の天気と海況に感謝☆感謝!そして、「明日はここでスノーケリングもするぞー!!!」と、意気込む一同でありました・・・☆(笑)

DSC0192104.jpg DSC0192205.jpg


その3へ⇒http://diverx.blog80.fc2.com/blog-entry-1585.html

スポンサーサイト


この記事へコメントする














ダイビング スキンダイビング スノーケリング ジュニアダイビング 子供のダイビング シュノーケリング スキューバ スクーバ 鶴間 西鶴間 下鶴間 深見 ひばりが丘 小松原 上草柳 大和 横浜国際プール 綾瀬 海老名 座間 厚木 瀬谷 さがみ野 中央林間 南林間 つきみ野 ライフスポーツ鶴間 エバーブルー 課外活動 親子でダイビング ダイビングライセンス Cカード NAUI CMAS PADI 

尾崎 慎太

Author:尾崎 慎太
NPO法人
『エバーブルージャパン』 代表理事

・NAUIダイビングインストラクター
・NAUIコアスペシャルティINST
・NAUIレスキュースペシャルティINST
・NCFAインストラクター
・CMAS=JEFF2スターINST
・日本体育協会認定
 スクーバダイビング指導員
・日本スノーケリング協会認定
 スノーケリングインストラクター
・(社)日本キャンプ協会
 キャンプ指導者
・(財)日本レクリエーション協会公認
 レクリエーションインストラクター
・潜水士

~人生のミッション~
『子供達が憧れる大人になり、
夢を持ち続けさせること』


-天気予報コム- -FC2-
QR