≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

ハイサ~イ!(^-^)/
 
暑がりの私もさすがに長袖。
冷たい風が吹いている沖縄よりこんばんみ!(^^;;
 
沖縄滞在2日目。
今日はサンゴ移植ダイブの予定でしたが、
北風ピューピュー、海は大荒れ…
もちろんダイビングは中止です。(ー ー;)
 
というわけで、予定変更。
 
まずは那覇から2時間半かけて、
美ら海水族館へ行ってきました!(≧∇≦)
 
  
 
入館して、
最初に目に付いたのが潜水ダイバー!(笑)
 
 
あー、昨年まで潜っていた
葛西水族館を思い出すなー。
 
てかその葛西水族館が
いま大変なことになっていたりするし…(´・_・`)
 
 
そして、ジンベエザメが泳ぐ巨大水槽!
 
 
何度見ても圧巻だし、
ずっと見ていても飽きないんだなー!(*^^*)
 
しかも、水槽内にいたイルカが、
「ちょっと~、遊んでよ~!」とでも言いたいのか、
ジンベエザメの尾っぽを突っついてました(笑)
 
 
さて、外に出て別の水槽へ。
 
そこにいたのは、マナティ。
 
 
マナティと言って思い出されるのは、
米軍基地の辺野古移設です。
 
移設予定となっている辺野古には、
野生のマナティが生息しています。
 
なぜなら、
そこにはマナティがエサとしている
アマモがたくさんあるからです。
 
そして、そのアマモは
たくさんの小魚たちのすみかにもなっているんです…。
 
 
問題はひとつではありませんが、
まずはどんな問題があるのか
私たちが知り、考えることです。
そして、できることからやってみましょう!
同じ地球上に生きてるんですから…☆(*^^*)☆
 
 
 
さて、
 
美ら海水族館をあとにして、
今度は映画「てぃだかんかん」のモデルにもなったサンゴ畑で、
サンゴ養殖のお話を聞いてきました!
 
こちらでは人工のサンゴ礁を作り、
約5万株のサンゴを養殖しています。
 
サンゴは5月から6月にかけて
1年に1回産卵をするので、
 
ここで産まれたサンゴの卵は
目の前の海へと放流されます。
 
そして、こちらで育ったサンゴたちは
スタッフさんの手によって、
1本1本丁寧に海へ移植をされます。
 
「人の手で失われたサンゴ礁を、
人の手でまた蘇らせることができると信じて…」
(海の種より)
 
私たちも、
そのお手伝いが少しでもできるように
サンゴの活動を行って参ります!(^-^)/
 
 
 
 
今日できなかったサンゴ移植ダイブは、
明日の午後から行う予定です。
 
天気と海況が良くなりますように…☆
(*^^*)
 
 
 
スポンサーサイト


この記事へコメントする














ダイビング スキンダイビング スノーケリング ジュニアダイビング 子供のダイビング シュノーケリング スキューバ スクーバ 鶴間 西鶴間 下鶴間 深見 ひばりが丘 小松原 上草柳 大和 横浜国際プール 綾瀬 海老名 座間 厚木 瀬谷 さがみ野 中央林間 南林間 つきみ野 ライフスポーツ鶴間 エバーブルー 課外活動 親子でダイビング ダイビングライセンス Cカード NAUI CMAS PADI 

尾崎 慎太

Author:尾崎 慎太
NPO法人
『エバーブルージャパン』 代表理事

・NAUIダイビングインストラクター
・NAUIコアスペシャルティINST
・NAUIレスキュースペシャルティINST
・NCFAインストラクター
・CMAS=JEFF2スターINST
・日本体育協会認定
 スクーバダイビング指導員
・日本スノーケリング協会認定
 スノーケリングインストラクター
・(社)日本キャンプ協会
 キャンプ指導者
・(財)日本レクリエーション協会公認
 レクリエーションインストラクター
・潜水士

~人生のミッション~
『子供達が憧れる大人になり、
夢を持ち続けさせること』


-天気予報コム- -FC2-
QR